Kozo Toyota のすべての投稿

test

かなり悩みましたが、二回書くのもなんだかなぁという感じなのでmixiとblogをくっつけました。

とりあえずテストです。

Kerry Pro Low-D, Eflat, E

 



楽器シリーズ第二弾はローホイッスル〈D(,E flat, E)〉です。

 

自分が今メインで使っているのはフルートですが、

その前ずっとメインで使っていて、今でも頻度が高いのが ローホイッスル。

 

自分は“ホイッスルマニア”ではないので、ホイッスル自体を集めたり、

同じキーのホイッスルを何本も揃えてということはしません。

一本気に入ったのがあればそれだけをずっと使います。

セッションに持って行くのも一つのキーを一本だけ。 

ただ、レコーディングや歌ものの仕事などでどうしても様々なキーが必要になり、

そういう意味では本数が嵩んでいることは確かです。

家には滅多に使われることのない特殊なキーのホイッスルがいくつかあります。

まぁこれは一度揃ってしまえばその先ずっと使えますので。

 

今メインで使っているローD管は、Kerry Proと呼ばれるもの。

Phil Hardyという英国の職人さんがつくっているのですが、

Kerrywhistlesというメーカー名で、多分Chieftainという名前のシリーズの方が有名です。

 Kerry Proは、Chieftainの上位モデルで、工場で大量生産されているChieftainとは違って、

一本一本ハンドメイドだとか。

このPhil Hardyという人は、元々Overtonというローホイッスルを初めてつくった老舗メーカーにいたらしいのですが、仲違いして独立という曰く付きの人。

Kerry Proはよく見なくても、「大丈夫かな」と思わされるほど、Overtonのホイッスルと形が似ています。

しかし、音は大分違います。

Overton
ファンの方というのは今もかなりいらっしゃって、音程や音量を多少犠牲にしてもあの音質を選ばれるようで、そういった方々からするとKerry
Proはまがい物ということになってしまうのですが、自分はそういう事情を抜きに、Kerry Pro自体の音質や音程、音量を好んで使っています。

特に音程や音量は秀逸で、ライヴやレコーディングなど、外すことが許されないような状況で頻繁に吹く時にはOvertonよりKerry  Proが使いやすく、また、素直な音質も結構気に入っていて、バランスが取れたモデルだと思っています。

 

ローD管は、 頻度が高いため、比較的あれこれ試した方で、これまでMichael BurkeやOvertonを使ったりしましたが、今はKerry Pro一本です。

息の量はBurke等と比べると、はるかに多量の息が必要ですが、その分吹き込みに強く、表現の幅も広いと思います。

かのマイケル・マクゴールドリックMichael McGoldrickが使っていることでも有名で、それも選択の後押しになりました。

 

このKerry Pro、実はボディを変えることでE flatにしたりEにすることができます。

E flatは、例の知る人ぞ知る笛紛失しかけ事件の際、多くの方々のご援助を得て緊急にオーダーした際に、Philに相談してボディをつくってもらいました。

そして、実は、今度の秋の中原中也の朗読劇で、ローE管が必要になることがわかり、つい先日、急遽ボディだけをオーダーしました。 

 ボディとヘッドがちゃんとつながるのか心配だったのでPhil本人に問い合わせたところ、

「多分大丈夫だが、チューニングが正確ではないかもしれないので、チューナーでチェックしてくれ」

と言われました。

 

……。 

 

理屈では正確でないことはわかってはいたのですが、チューナーでチェックしてくれって、実際にボディが送られてきてから、はい音程が悪かったですじゃ困るわけで…。

どうなるのか非常に不安な一件であります。

 

あともう一つ言わせて下さい。

ポンド高すぎ!

European Music Festival 2007

以前にちょろっと触れた品川の話です。

不思議な風の吹き回しでこんなイベントで演奏します。

 


European Music Festival 2007
7/21(sat)
品川ダブリナーズ

[schedule]
14:00~15:00 Moreno& Eduardo — Traditional Italian duo
15:30~16:30 Bruno de vino —- Traditional French
17:00~18:00 Tuna de Japonese—– Traditional Spanish trio
18:30~19:30 Lazy 8’S—- Accoustic English pop songs
20:00~22:00 Dun an doras—- Traditional Irish 5 piece
Cashell—–Traditional Irish, pop songs
(追加)Billy Ross —- Traditional Scottish singer
*Dancing By IMP dancers.

2時から10時まで、1パイントのギネスを700で!

 

 

 

この中のCashellの枠で、20時から1時間ほど演奏するそうです。

共演者:深江健一(ギター)、中藤有花(フィドル)

不思議な組み合わせ。


Live @ 自由が丘 終了

 

来て下さった皆様、ありがとうございました。

最後の方にスペシャルゲスト参加して頂いた歌姫のお陰で大いに盛り上がりました。

 Jizoの方も前回よりもぐっと奥行きが増してきました。

今後の展開にご期待下さい。

とりあえずお礼まで。

  

今月あと二回は外で演奏がありそうです。

一つは21日@品川。

もう一つは31日@四谷。

どちらもJizoではなく、別のユニットです。

どんなイベントなのかよくわかっていません…。

一般公開されるようでしたら追ってお知らせします。

 

 

 

写真の机の上には初登場、お地蔵さんです。 

とても小さいのですが、6体並んでいます。

 

写真を提供してくれたNAkAちゃんありがとう! 

フルートのオーダー

先月下旬、新しいフルートをオーダーしました。

オーストラリアのフルート職人、マイケル・グリンターMichael Grinterに。

 


のキー無しのD管のフルートは、アメリカのパトリック・オルウェルPatrick
Olwellによってつくられたもので(こちらについてはまた別の機会に書こうと思います)、非常によく鳴り、アイリッシュ・フルートらしい音がするので
すが、マックスの音量が大き過ぎて、小さな音をコントロールするのが難しいのです。

セッションでは重宝するのですが、PAを通したライヴの場合には、 もう少し音が小さくて、小さい音も大きい音もまんべんなくコントロールできる楽器が欲しいなと常々思っていました。

特に最近は、ダイナミックコントロールによってフレージングの幅を広げたいという欲求が自分の中で高まりつつあるのでなおさらのことでした。

 

そこで今回選んだのがGrinterのフルート。

彼の笛はダイナミックコントロールがしやすく、マイケル・マクゴールドリック、ケヴィン・クロフォード、アラン・ドハティといった、PAを多用する若手のプレイヤーに大変人気があります。

また、今回は悲願であったキー付きをオーダーしました。

キーの数は6。

前述のOlwellだとキー付きは5年も待たされるところを、 Grinterは1年半待ち。

これも彼のフルートを選んだ理由の一つでした。

 

しかも、今回は同時にキー無しのB♭をオーダー。

こちらは1年待ち。

実は彼と色々相談し、 2~3年以内にキー付きのD管、キー付きのE♭管、キー無しのC管、キー無しのB♭管の4本を一通りつくりたいということを既に彼には伝えてあります。

もしかしたら、B♭の代わりにCを先につくってくれということになるかもしれません。

レコーディング等でC管の需要が圧倒的に高いからです。

 B♭管は、元々音が好きでいつかはと思っていたのですが、特にケヴィン・クロフォードのを吹かせてもらった時に、その渋い音に惚れ込みました。

しかも意外と指も息も大丈夫だったので。 

 

さてさて、もうご想像の通りかなりの額になります。

既に貯蓄が始まっていますが、彼が楽器をつくるのと、自分がお金を貯めるのがどちらが早いかというスリル満点の勝負です。

 

とこういうことを書いていると本当楽器に関しては病的だなとつくづく思います。

他のプレイヤーのブログなんかを見ていても、楽器についての記事を読むのが圧倒的に好きなのです。 

なので、これからちょくちょく今使っている楽器について書いていこうと思います。

Jizo 1st Live @ Kenny’s & Paddy Field Live @ Shibuya 終了

遅くなりましたが、7/3(火)Jizo 1st Liveと7/4(水)Paddy Field Liveが無事に終わりました。

お陰様でどちらもたくさんのお客様に来て頂きました。

来て頂いた方々、ありがとうございました。

 

Jizoは今回はフィドル  内藤希花さん、バウロン  やぶ くみこさんをお迎えしました。

合わせの回数がまだまだ少なく、至らぬところもありましたが、前々から聴きに来て下さっている方には、「確かな方向性を感じる。やりたい音楽が伝わる。今後が楽しみだ」とのコメントを頂きました。

 実はJizoの一つの方針として、ビート感の探求があると個人的に思っています。


回のこのメンバーは特にビートの切れについて研究熱心で、まだ荒削りですが、お互いのビート感をかみ合わせやすいので、曲をキープすること自体がとても楽
で、ギターと二人だけの曲が何曲もありながら2時間近く演奏したとはとても思えないほど演奏が楽だったのが驚きでした。

 今後ますますレベルを上げていきますので皆様宜しくお願いします。

次回7/11(水)@自由が丘オキャロランでは、ゲストフィドル  内藤希花さんを迎えて基本は三人で演奏しますが、 ライヴの最後にスペシャルゲストに参加して頂く予定です。

あまり公にはできない方なのですが、あるところで有名なスコットランド人の女性シンガー兼フィドラーです。

外では滅多に聴けませんので、この機会をお見逃し無く。

 

 Paddy FieldはJimさん不在の5人編成でしたが、とても盛り上がり、「Whisky in the Jar」コールが起きたりしました。

最近フルートの鳴らし方がいい意味でどんどん変わってきていて、以前よりも豊かに、しかも楽に楽器を鳴らせるようになってきています。

楽器を鳴らすことが楽になると、他のプレイヤーと合わせることにより集中できるので、全体としてがらっと演奏が変わってくるようです。

Paddy Fieldは次は13(金)なのですが、自分は他の仕事で行けず、もし参加できても3rdステージだけということになりそうです。

8月はメンバーの帰省(皆さん母国に帰るようです)のため、その後のライヴは9月になりますが、現在少しずつ新しい曲を増やしています。

こちらものんびりとご期待下さい。 

 

あ、そうそう、どなたか7/3(火)のライヴの写真を撮っている方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報下さい。

このブログにはできるだけ写真をUPしていきたいなとは思っているのですが、日頃写真を撮ったりあまりしないので、いつもすっかり忘れてしまうのです。

宜しくお願いします。 

7月のセッション

7/17(火)
ALMANAC HOUSE@市川
オープンセッション
20:00~
※普通のアイリッシュ・パブと違ってドリンク単価が安い分、ミュージシャンもテーブルチャージ¥300+参加費¥500、計¥800のチャージがかかります。

 

 今のところ少人数でまったりと、しかし、とても濃い良いセッションです。

朗読劇 子守唄よ ―中原中也をめぐる声と音楽のファンタジー―

%E4%B8%AD%E5%8E%9F%E4%B8%AD%E4%B9%9F%E6%9C%97%E8%AA%AD%E5%8A%87.jpg

自分が所属している団体の一つに
VOICE SPACE(東京芸術大学現代詩研究会)
というものがあります。
主に現代詩と音楽のコラボレーションを行っていて、
朗読とも歌ともつかぬ斬新な表現方法を次々生み出している不思議な団体です。
昨年は、岡山県は倉敷で行われている倉敷インスピレーションというイベントで、
詩人の谷川俊太郎さんや佐々木幹郎さん、フォークシンガーの小室等さんと共演しました。
今年は中原中也の生誕100周年ということで、山口県を中心にたくさんのイベントがあって、
VOICE SPACEも既に5月に一度山口公演があり、佐々木幹郎さん、覚和歌子さんと共演しました。
さて、そのVOICE SPACEが、この秋、今年のメインイベントとして、
中原中也の朗読劇を山口県と、サントリーの小ホールで行います。
チケット発売が迫ってきましたのでここでお知らせいたします。
---------------------------------

朗読劇 子守唄よ
    ―中原中也をめぐる声と音楽のファンタジー―
母親はひと晩ぢう、子守唄をうたふ
淋しい人の世の中に、それを聴くのは誰だらう?
朗読女優・小口ゆいさんが中也の母、中原フクに扮して
長州弁で語り、母の問いかけにVOICE SPACEが
中也の詩や書簡、日記で答えます。
出演:小口ゆい VOICE SPACE
監督:佐々木幹郎
脚本・音楽・映像:VOICE SPACE
【公開リハーサル・イン・山口】
日時:2007年10月8日(月・祝) 開演15:00 (開場14:30)
場所:山口情報芸術センター
料金:2000(全席自由)
主催:中原中也生誕百年記念事業実行委員会
問い合わせ:中原中也記念館
チケット取扱:(山口)山口市市民会館、山口情報芸術センター、三好屋レコード店
(防府)アスピラート、(周南)周南市文化会館
ローソンチケット
※ワークショップ:10月7日(日)13:00~15:00
【東京公演】
日時:2007年10月21日(月) 
   昼の部 開演14:30 (開場14:00)
   夜の部 開演18:30 (開場18:00)
場所:サントリーホール 小ホール
料金:4500
主催:中原中也生誕百年記念事業東京実行委員会
共催:中原中也の会
協賛:角川学芸出版
お問い合わせ:岩神六平事務所
       ゆいまーる舎
       VOICE SPACE(←のメールフォームで受け付けています)
チケット取扱:チケットぴあ(Pコード378-175)、e+
チケット発売日は7月2日!ご予約はお早めに!

CDレビュー

クラン・コラ Cran Coille:アイルランド音楽の森
アイリッシュ・ミュージック・メールマガジン
というアイリッシュ界隈では有名なメールマガジンの
2007年06月号 Part 1 of 2 情報篇
に(e)Shuzo Bandの1stアルバム「Trip」のレビューが載りました。
以下引用
-------------------------------
「カッコイー・シューゾー・バンド」デビューにして最後(?)のアルバム
は、極上のアイリッシュ・ミュージック。フィドル、フルート&ホイッスル、
ハープ&バゥロン、ギターのカルテット。芸大出身者のバンドですが、1曲だ
けのゲスト・シンガーも含めてクラシック臭は欠片もありません。アイリッ
シュの方言ないし「訛り」((c)上野洋子)を自家薬籠中のものにして、音楽
の喜びにあふれています。その上で、音楽教育の成果でしょう、想像力豊かな
アレンジを組み込み、聞きなれた曲から新たな魅力を引きだしています。裏メ
ロやハーモニーだけでなく、ユニゾンも美しい。このバンドをついに生で見ら
れなかったことを、今さらのように後悔しています。今後はメンバーそれぞれ
に活動するとのことですが、これだけのものを作った経験は大きな財産になる
はず。RINKA 3 とならぶ、今年の収穫。
-------------------------------
この記事を書いて下さった大島豊さんは多くのCDのライナー・ノーツをお書きになったり、アイリッシュ・トラッドに関する本をお書きになったりしている、アイリッシュに大変深く精通していらっしゃる方です。
大島さんありがとうございました。
クラン・コラblogはこちら