カテゴリー別アーカイブ: 旅行

さる小アイリッシュフェス無事終了

先週末の連休に群馬県みなかみの猿ヶ京温泉にある「さる小」でアイリッシュ音楽とダンスを中心としたフェスティバルを開催しました。
ここは前々から知っていて門下生の合宿用に応募はしていたのですが、1団体貸切ということもあって大変な人気でもう何年も抽選から外れていました。
それが漸く当たったので、門下生だけで使うのは勿体ない、小規模のフェスティバルにしてしまおうということになった訳です。

主催に当たってこだわったことは3つ。

・自分自身が楽しめること。
・参加者がプログラムを自由に選べること。
・アイリッシュ音楽とダンスが中心ではあるが、それ以外も楽しめること。

主催者だからって業務に追われて楽しめないのはまっぴら。
会計にPassmarketを導入したり、自分が敢えて車を運転しない方法を選んだり、仲間とうまく仕事を分担したりして、自分自身もお客さんであることを脱線しないようにしました。

ここ10年くらい東京で開催しているIntercollegiate Celtic Festivalは学生を中心にやっているフェスティバルだけあって、三日間ぎちぎちの、これでもかと詰め込んだスケジュール構成。それに対して、今回は大人のフェスティバル。みんながみんな同じことをやるのではなく、自由にプログラムを選んだり、引き算してゆったりできるようにしました。

また、今回集まってきた人達の中にはアイリッシュ音楽やダンスを長くやっている人もそれなりにいましたので、敢えて音楽やダンス以外の、料理とかヨガのような活動もプログラムに加えました。

そうして開催されたフェスティバルには40名弱の方が集まりました。
学校で言えばちょうど1クラス分。
いい規模感だったと思います。
それでも全員が集まるのは最初と最後だけ。
あとは各自で全く動き方が違う、自由でのびのびとしたフェスティバルとなりました。
そういう訳で他の人達がどういう三日間をすごしたのか正直よくわかりません。
なので自分のだけを書いておきます。

1日目
9:00 上野発の貸し切りバスでのセッション。一度はやってみたかったことが1つ実現!46863356 2290386374369353 4363908556257230848 n

13:00 渋滞もあって遅れて到着。入校式。注意事項の確認など。

13:30 昼食。学校で用意されたお弁当。ご飯も基本的には事前に頼んでいた分だけが学校から用意されます。頼まずに持ち込んだり、自炊したり、料理教室で食べたりも自由。

14:30 午後はアイリッシュ料理の教室などあったのですが、敢えて受けずに、のんびりと夜のケーリーのための機材セッティング。

15:30 近くの温泉に行ってゆったり。

17:00 帰るなりビールを飲み始める。勿論まだ明るかった。

18:00 カントリージャイブのワークショップに参加。一頻り踊る。

19:00 夕食 学校のお肉の料理。

20:00 ケーリーリハ。

21:00 ケーリー開始。終わったのは夜中の2:30!この夜中までケーリーもアイルランドでしか経験がありませんでした。

3:30 就寝。

IMG 1166

 

2日目
8:30 朝食 学校の洋食。

10:30 蕎麦打ちを敢えて受けずに湖畔を散歩。昔芸大テニス部で泊まった丸一にも立ち寄る。

IMG 0760

12:30 昼食 学校の給食。

13:00 自分が主催のワークショップ。楽器を弾く身体について。

15:00 のんびり練習。もうビールを呑み始める。

16:00 卓球大会。経験者と未経験者がペアを組んでダブルスのラウンドロビンマッチ。ごんちゃんと組んで優勝。

18:00 夕食 学校の鍋。

20:30 入浴。学校の内風呂。

21:00 ゆったりセッション。

1:00 就寝。

3日目
7:00 朝ヨガ。念願の上乃さんのクラス。

8:30 朝食 学校の和食。

9:00 みんなでお掃除。

10:00 念願だった人生初のバンジージャンプ!

IMG 1170

11:30 近くの温泉。

12:30 酒屋さんでお買い物。試飲もたくさん。

13:30 昼食 カレー。

14:30 室内とドローンで集合写真。

46623356 2326605980744595 529726074989314048 n

15:00 出発。帰りのバスでもセッション!

19:00 上野到着。

このフェスティバルの個人的な裏テーマだった、

・昼間から呑む。
・夜中までケーリー。
・バスの中でセッション。

の3つも達成。

おまけに人生で死ぬまでにやりたいことの1つ、バンジージャンプも達成!

個人的にはのんびりもでき、今までやりたいけどなかなかやれなかったこともできて、大満足のフェスティバルでした。

他の参加者がどのような三日間を過ごしたのか、一人一人違うので正確にはわかりませんが、アイリッシュシチューをつくったり、蕎麦を打ったり、ピザ窯でピザを焼いたり、英語のレッスンに参加したり、編み物をしたり、勿論楽器を思う存分練習したり、セッションを楽しんだり、ダンスを踊りまくったり、本当に皆さん目一杯楽しまれたようで、帰り道は満足そうな笑顔と終わって欲しくない寂しい表情が混ざっていました。

IMG 1169

次回こんなフェスがまた開催できるかは会場を取れるか次第なのですが、またできたらいいなと思っています。

O’Jizo旅行記 アメリカツアー2018

10/15~11/2まで、実に19日間に及ぶツアーにO’Jizoで行ってきました。

O’Jizoでのアメリカツアーは今年で三年連続となりました。

今回はこんな日程。

 

10/15~21 Galway Bay Celtic Festival @Ocean Shores

10/22~26 レコーディング @Portland

10/27~11/2 ハワイ

 

<1.Galway Bay Celtic Festival>

今回も行きのフライトは成田からポートランド。

IMG 0869

ポートランドからレンタカーを借りて車で3時間、ワシントン州はオーシャンショアで開催されるこのフェスティバルへの参加も今回で3回目。

665C2EB0 AB2D 44DA 852E AF3C79534950

 

これまでと大きく違うのは日程。

去年、一昨年は週末のみだったのが、今年は火曜日から日曜日まで15ステージをこなすというロングスケジュール。

恐る恐る手探りで参加した一昨年、2nd アルバム『Via Portland』を引っ提げていき、お帰りと歓迎された去年。

今年は主催者からももう少しやってみないかという有り難い打診を受けての大幅拡大です。

IMG 0878

しかも、ステージも今までやったことがなかったパブのメインステージやバンケットステージがいくつも追加。

昼、夕、夜と大体一日3ステージ演奏し、大きなステージでも演奏するようになると、今まで一部の熱狂的なファン層という感じだった客層が次第に広がってきて、口コミでさらに広がってということが起きるようになりました。

IMG 0887

IMG 0916

IMG 0902

今回はそれに加えて他のバンドとお客さんの前でセッションをするという枠が3つ位あり、お客さんは勿論、他のバンドのミュージシャン達にもO’Jizoの名前が浸透。

IMG 0709

サウンドエンジニアからは最終日に「今やどのミュージシャンもどのお客さんもみんな君達のことを話題にしているよ!このフェスティバルのハイライトだ!」と言われる程に。

また、お客さんの一人から「このフェスティバルでは滅多に無いこと」と言われたスタンディングオベーションも、6日間で片手では数えられない位は頂いたかと思います。

IMG 0919

最後の日に主催者から「次はもっと大きなステージかな?」とニヤッとされるおまけ付き。

一番大きなコンベンションセンターのメインステージでの演奏がまだ果たせていない次の目標ではありますが、こちらは基本歌あり、ドラムあり、ベースありの迫力満点のバンド中心で構成されているので可能性は低いかなとこの一言を聞くまでは思っていたのと、この手のフェスティバルは大抵バンドの入れ替えというのがあるのでこればかりは主催者の采配次第かなとは思いますが、次へのさらなる期待を抱かされる大きな手応えを得たフェスティバルとなりました。

IMG 0688

 

 

 

<2. レコーディング@ポートランド>

21(日)の夜にオーシャンショアを出発して再びポートランドへ。

慣れ親しんだMikeとNancyの家に今回も滞在。

IMG 0995

 

Nancyは豊田が3年前に単身でポートランドに初めて来て、地元のセッションに参加した時に最初に出会ったミュージシャンの一人。

素晴らしいギタリストであり、シンガー。

O’Jizoの『Via Portland』のゲストシンガーは彼女。

旦那さんのMikeはレコーディングエンジニアで、モンスタークラスのジャズギタリストであり、かつてはギター職人でもあったとんでもない人。

IMG 0727

ここでのレコーディングはO’Jizoで2回目。

豊田は昨年ソロアルバムを録っているので三年連続。

IMG 0706

前作『Via Portland』が長期にわたってつくり上げてきたセットを集大成的に録音したものであったのに対し、今回は短期間で一気に9セットつくりあげるという対照的なスタンス。

しかもオリジナルが多かった前作に対し、今回はトラッド中心。

新曲のつくりこみは前週のフェスティバル中に毎朝リハをしては本番のステージで試し、改良を重ねて、日に日にセット数も追加していくという方法を取りました。

 

今回フェスティバル中の滞在がホテルではなく、コンドミニアムのような一軒家であったことがすごくプラスに働きました。

8A5CC9E2 C308 4B87 9847 30F490A4C6CA

誰にも気兼ねせずに心ゆくまでリハーサルできる最高の環境だったのです。

IMG 0891

この集中的な合宿感は今までにO’Jizoにはあまりなく、個人的にもとてもスリリングで面白い経験となりました。

 

新しいアルバムは現在次のミックスの段階に入っています。

リリースを楽しみにしていて下さい。

 

このレコーディング中にはレジェンド、フィドル奏者のケビン・バーク氏がレコーディングスタジオに遊びに来てくれるという驚きの出来事もありました。

IMG 0936

 

 

<3. Hawaii>

そして、今回もう一つの焦点となったのがハワイ!ホノルル!

豊田にとっては人生初ハワイでした!

IMG 0970

Galway Bayのフェスティバルには7年程前からホノルルの方々が10~20人位来ていて、昨年知り合って仲良くなり、その縁で今年は帰る途中にハワイに寄っていくことになったのです。

 

日本よりも5℃以上寒いポートランドからハワイにやってきた時のリゾート感は一入で、この旅の中でも一際テンションが上がりました。

着いたその日の夜は滞在先のDavidとLindaの家でウェルカムパーティ。

IMG 0975

地元の方々と交流しました。

 

翌日曜日と月曜日は、4軒のアイリッシュパブを経営するBillさんのパブのうち2軒で演奏。

 

IMG 1018

IMG 1021

IMG 1053

続きを読む O’Jizo旅行記 アメリカツアー2018

O’Jizo USツアー

O’Jizoでアメリカに来ております。

今回は

ワシントン州のオーシャンショアのGalway Bay Irish Music Festival

6日間

ポートランド

5日間のレコーディング

ハワイ ホノルル

ライヴと数日間の滞在

となっております。

今日でフェスティバル3日目。

今5つ目のステージが終わって帰ってきたところです。

今日はまだあと22:30からのステージがもう一つあります。

大体昼に1つ、17:00頃に一つ、そして22:00か23:00位に1つ、1日3本のステージで演奏して、帰ってきては8曲以上ある新曲のリハをやるという日々を過ごしています。

このフェス自体は3年目なのでお客さん達も平日昼間だろうが夜遅くだろうが結構集まってくれて、何度も聴いてくださっている方々からは「Oh, O’Jizo!Welcome back!」とよく声をかけてもらえます。

とてもいい雰囲気のフェスティバルです。

滞在先も今回はホテルではなくコンドミニアムっていうんでしょうか?普通の大きな一軒家でして、とても快適に過ごしています。

そんなO’Jizoの帰国後の最初の国内ライヴは

2018年11月22日(木)

19:00 open 19:30 start

HUTTE

町田市玉川学園1-4-33

予約 2500円 当日 3000円 (+1drink order)

ご予約

090-7236-5953

welcome.hutte@gmail.com

となります。

新曲が国内初お披露目となります。

皆様のお越しをお待ちしております。

8/8まで帰りません

レコ発ツアーの後半戦がスタートします。

フライヤーのデータなので間抜けに逆さになっちゃってますが。

7/23から怒涛の11連チャン+α。

千葉→(真鶴)→山梨→愛知→名古屋→岡山→広島→尾道→大三島→松山→福井→富山

で、さらに群馬県嬬恋村に行き、そのまま山梨に戻ってg-celtの合宿に合流するという暴挙に出ました。

これだけ書くととても楽しそうな感じです。

いや、実際楽しいんですよ、それぞれは。

うまくいけばウルルン滞在記状態です。毎晩。

行く先々素敵な人達に会い、その人達の生活を垣間見る、これが自分にとってはとても楽しみです。

自分の知り合いのミュージシャンにはもうツアー中の食べることや呑むことを何よりも優先している疑いが持たれている方もいらっしゃって、実際食レポばっかり上がってたりするものだから、行く先々の美味しいものを食べてるんでしょう?とか言われることも多々あります。

でも、そこは笛吹きの悲しいところで、他の方はわかりませんが、自分は飢え死ぬ寸前位が演奏コンディションはベストという位、演奏前に食べることが邪魔になるので、まぁ大抵はろくなご飯にもありつけずに終わったりしますね。

せいぜい移動している途中の高速のサービスエリア位かなぁと。

まぁ、そんな訳で大体は移動して演奏して寝て移動して演奏して寝て、隙を見て洗濯してみたいな生活になります。

おまけに、自分は結構ビビりなので、割とたくさん不安を抱えながら行くんですね。

一番不安なのは集客。

初めての地をはじめ、自分が集客で本当に苦戦する地域は決して少なくなくて、バンドで名前が通っているならともかく、個人名でアイリッシュ音楽が盛んでない地域に行けば、そりゃ誰?ってなる訳です。

この不安が無ければもうちょっと楽しめるのになぁって思ってしまいます。

次いで長距離の移動ですかね。

大体は細かく刻めるよう組んでいるのですが、時々無茶があって、松山→福井とか6〜7時間位の移動が入る訳です。

公共交通機関や誰かの運転する車に乗って寝てればいいとかだったら全然いいんですけど、機材と楽器と荷物とを積んだ自分の車をひたすら自分で運転する訳です。

運転大好きな人なら良かったんでしょうけど、残念ながら運転は自分にとってしないで済むならしたくない位のシロモノなので。

あとは睡眠。

自分は結構眠りに問題を抱えていて、眠りたい時に眠れず、寝ちゃいけない時に落ちるというのが基本的なスタンス。

これと前の運転の話の組み合わせはなかなかエグいですよね。

無理しないようにはしていますけれど。

こういった話をはじめ、現地のミュージシャンや箱の手配、連絡のやり取り、宿泊の手配、告知から、ツアー最中のレポートに至るまで、もう自分には苦手なことオンパレードで、これらを一通りやってはいるつもりだけれど、いつどこで穴が空いていることが発覚するか、もうそれはそれは一番恐怖です。

こういう話をすると、生徒さんや友人からマネージャーを雇えってよく言われるんですが、いやー雇えるなら雇いたいですね、本当。

あれこれブッキングして、告知して、集客して、レポートを随時出して、何なら運転もしてくれる有能な方。

歩合制で良ければ喜んで雇います。

例えば今回のツアーはギターの久保君と2人で回ってますから、諸経費全部差し引いた後の残りを3当分みたいな形で良ければ本当にお願いしたいですね。

逆に仕事とって増やしてくれても全然構いません。

可能な限り馬車馬のように働きますんで。

きっと今よりはもう少し演奏に時間とエネルギーを避けると思いますし。

誰かいませんかね?

と、大分話が脱線しました、ツアーでした、実際には2人で回るやつです。

直接おいで頂ける方は勿論、この地域に友達や家族がいてご紹介頂けるというのもこころのそこから喜びます。

有り難いことに、聴きに来てさえ頂ければ、来て良かったぁと思って頂ける位の演奏はどこへ行ってもブレずにやれているようですので、是非聴きに来てやってください。

よろしくどうぞ。

出演(全ての日程にて)

豊田耕三(フルート、ホイッスル、アコーディオン)

久保慧祐(ギター)


【千葉】

7/23(月)〜24(火)午前中

コヅカ・アートフェスティバル出演

https://www.kozuka-art.info

アートガーデン・コヅカ 千葉県鴨川市金束1710

投げ銭制

共演

豊田まり(ボーカル)


【山梨】

7/25(水)

18:30~1st stage

19:45~2nd stage

Irish Pub BULL&BEAR

山梨県北杜市大泉町谷戸5729-34

投げ銭制

共演

豊田まり(ボーカル)


【愛知 with Dai Komatsu & Tetsuya Yamamoto】

7/26(木)

18:30開場 19:30開演

Cafe Lama

刈谷市高倉町2-507 1F

チャージ

¥2500 +オーダー

共演

小松大(フィドル)&山本哲也(ギター)

ご予約

0566-91-6560


【名古屋 with Dai Komatsu & Tetsuya Yamamoto】

7/27(金)

19:00開演

カフェ あらたると

千種区今池3-2-9 ママビル1F

チャージ

¥2000 +オーダー(当日¥500up)

共演

小松大(フィドル)&山本哲也(ギター)

ご予約

052-898-6612


【岡山 with LeapRick】

7/28(土)

17:30 開場 18:00 開演

※14:00-16:30 寺町靖子さんによるアイリッシュのグループダンス、セットダンスのワークショップもあります。

COFFEE NIKO NIKO

岡山市北区内山下2-3-5

房野ビル2F

090-8061-9063

チャージ

ダンスのみ1500円(ドリンク別)

ライブのみ2500円(ドリンク別)

通しチケット3500円(ドリンク別)

共演

LeapRick

ご予約

leaprick@gmail.com

090-1017-5718(桐山)


【広島 with さらさ】

7/29(日)

18:30開場 19:00開演

O’TIS

広島市中区加古町1-20

共演

さらさ

前売・予約¥2,500-(別途要1オーダー)当日+¥500-

ご予約

sarasa2008@hotmail.co.jp

※日中ワークショップもあります。


【尾道】

7/30(月)

19:00開演

satie coffee

広島県尾道市西土堂町10-26

TEL:050-5539-9260

https://satiecoffee.stores.jp

投げ銭カンパ制(要オーダー)


【大三島ブリュワリー】

7/31(火)

17:30開場 18:00開演

大三島ブリュワリー

794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦5589

投げ銭制

ご予約

info@omishima.beer

0897-72-9248


【松山】

8/1(水)

19:00開場 19:30開演

スタジオOWL

〒790-0003

愛媛県松山市三番町3丁目6-2 ab’s square2F

089-941-0036

http://owl21.info/◇◆

2,500円/3,000円 ワンドリンクオーダー制

ご予約

owl21@mx82.tiki.ne.jp


【福井】

8/2(木)

18:30開場 19:00開演

フラットキッチン

910-0023 福井県福井市順化2-16-14

http://www.flat-fukui.tv/kitchen.html

1,500円 +1オーダー

ご予約

Facebookのイベントページでの参加ボタンを押してください。運営スタッフより、直接メッセージ送らせていただきます。その際に参加人数の確認や駐車場等のお知らせをさせていただきます。

https://www.facebook.com/events/971528953020460/?ti=icl


【富山】

8/3(金)

18:30開場 19:00開演

ホーム キッチン(HOME kitchen)

富山県富山市太郎丸2-3-6

2,500円(1ドリンク付)

ご予約

Facebookのイベントページでの参加ボタンを押してください。運営スタッフより、直接メッセージ送らせていただきます。その際に参加人数の確認や駐車場等のお知らせをさせていただきます。

https://www.facebook.com/events/2041805989481410/

【拡散希望!】レコ発ツアー情報告知のお願い

本日は皆様にお願いがございます。

来月7月から8月にかけてソロアルバムのレコ発ツアー第2弾、第3弾があります。

相方のギター久保慧祐が9月から1年間アイルランドに行ってしまうため、それまでに詰め込めるだけ詰め込んでということになりました。

7月第一週目には

三島→浜松→大阪→京都→松本→上田

7月第4週目から8月上旬にかけては

山梨→愛知→名古屋→岡山→広島→尾道→大三島→松山→福井→富山

と回ります。

 

このちょっと詰め込み過ぎてしまった結果、全ての情報がフィックスして揃うまでに時間がかかり過ぎてしまい、今になって漸くフライヤーの発注が済んで来るのを待っている状況です。

そのために、特に7月の上旬の主催者、コーディネーター、共演者、お客様に多大なご迷惑をおかけしてしまっております。

一重に豊田の不徳の致すところです。

それで、少しでもできることは無いかと思いまして、このツアーの詳細を皆様に拡散して頂けないかというお願いです。

 

今回は可能な限り現地のミュージシャンとコラボレーションしたり、セッションをしたり、需要があればレッスンもしたりという形を取っております。

特にコラボレーションの方は大変魅力的なミュージシャンをラインナップしております。

このツアーの情報をSNSで拡散して頂いたり、お友達にお知らせ頂けると大変有り難いです。

勿論、お越し頂くのはさらに大歓迎です。

 

また、既にいくつかご依頼を頂いていますが、ツアー中レッスンを受けたいという方がもしいらっしゃいましたら、豊田までご連絡頂ければ可能な範囲で調整致します。

主にアイリッシュ・フルートやティン・ホイッスルのレッスンになりますが、アイリッシュ音楽のスタイルや詳細な系譜といった方向のお話は他に適した人が何人もいらっしゃるかと思います。

むしろ、どうやったら速く吹けるようになるかとか、腕や手が痛いとか、息が苦しいといった体の使い方のレッスンの方がどちらかと言えば得意です。

そういうことでお悩みの方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。

 

以下、ツアーの詳細になります。

どうか皆様、宜しくお願いします!

2018年7〜8月
豊田耕三1stソロアルバム『Internal Circulation〜呼吸の巴〜』レコ発ライヴツアー詳細

全ての公演に
豊田耕三(フルート)&久保慧祐(ギター)
が出演します。

—————————————-
【三島】
2018年7/2(月)
18:00開場 20:00開演

Irish Pub GIGGLE
〒411-0847 静岡県三島市 西本町10-34

※投げ銭制
※終了後セッションを予定

—————————————-
【浜松】
2018年7/3(火)
19:00開場 20:00開演

The Smuggler
静岡県浜松市中区 肴町313-12

投げ銭制
要2オーダー

共演
Komorebi, Masato Shindo and more

※終了後セッションを予定

—————————————-
【大阪 with hatao & nami】
2018年7月4日(水)
18:30開場、19:00開演

梅田Always
大阪府大阪市北区野崎町6−8
トレック ノース 梅田 ビル
電話: 06-6809-6696

前売3000円/当日3500円 ※飲食別途

共演
hatao(フルート)&nami(ハープ)

ご予約
hatao@irishflute.info
080-3860-7791

—————————————-
【京都 with さいとうともこ & 赤澤淳】
7/5(木)
19:30開演

gorey cafe
〒606-8417 京都市左京区浄土寺西田町 82-1

共演
さいとうともこ(フィドル)&赤澤淳

前売り¥2500/当日¥3000
+要2オーダー

ご予約
ozok@me.com
090-9150-9595(豊田)

—————————————-
【松本 with 金子綾&藤原尚】
7/6(金)
20:45開演

スペインバル mona chulos
〒390-0811 長野県松本市中央1-4-15 アイケイビル
TEL/FAX 0263-36-6078

共演
金子綾(フィドル、フルート、ホイッスル)&藤原尚(ピアノ)

投げ銭制

ご予約
matsumoto.celt@gmail.com
080-9217-8960(金子)
Facebookページの参加表明でも可
※ご来店の際にライヴを見に来た旨を店員までお知らせ下さい。

—————————————-
【上田】
7月7日(土)
18:00開場 19:00開演

パンとお菓子 まるふじ
上田市別所温泉1717-5

予約2,000円 / 当日2,300円(+要ワンドリンクオーダー) ※小学生以下無料

予約フォーム:https://www.quartet-online.net/ticket/kt20180707
メール予約:yoyaku.marufuji@gmail.com
“パンとお菓子 まるふじ”
※件名に「7/7予約」と明記の上、お名前・人数・電話番号をお送りください。
電話予約&問合せ:0268-75-0211

—————————————-
【山梨】
7/25(水)
18:30〜1st stage
19:45〜2nd stage

Irish Pub BULL&BEAR
山梨県北杜市大泉町谷戸5729-34

投げ銭制

共演
豊田まり(ボーカル)

—————————————-
【愛知 with Dai Komatsu & Tetsuya Yamamoto】
7/26(木)
18:30開場 19:30開演

Cafe Lama
刈谷市高倉町2-507 1F

チャージ
¥2500 +オーダー

共演
小松大(フィドル)&山本哲也(ギター)

ご予約
0566-91-6560

—————————————-
【名古屋 with Dai Komatsu & Tetsuya Yamamoto】

7/27(金)
19:00開演

カフェ あらたると
千種区今池3-2-9 ママビル1F

チャージ
¥2000 +オーダー(当日¥500up)

共演
小松大(フィドル)&山本哲也(ギター)

ご予約
052-898-6612

—————————————-
【岡山 with LeapRick】
7/28(土)
17:30 開場 18:00 開演

※14:00-16:30 寺町靖子さんによるアイリッシュのグループダンス、セットダンスのワークショップもあります。

COFFEE NIKO NIKO
岡山市北区内山下2-3-5
房野ビル2F
090-8061-9063

チャージ
ダンスのみ1500円(ドリンク別)
ライブのみ2500円(ドリンク別)
通しチケット3500円(ドリンク別)

共演
LeapRick

ご予約
leaprick@gmail.com
090-1017-5718(桐山)

—————————————-
【広島 with さらさ】
7/29(日)
18:30開場 19:00開演

O’TIS
広島市中区加古町1-20

共演
さらさ

前売・予約¥2,500-(別途要1オーダー)当日+¥500-

ご予約
sarasa2008@hotmail.co.jp

—————————————-
【尾道】
7/30(月)
19:00開演

satie coffee
広島県尾道市西土堂町10-26
TEL:050-5539-9260
https://satiecoffee.stores.jp

投げ銭カンパ制(要オーダー)

—————————————-
【大三島ブリュワリー】
7/31(火)
17:30開場 18:00開演

大三島ブリュワリー
794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦5589

投げ銭制

ご予約
info@omishima.beer
0897-72-9248

—————————————-
【松山】
8/1(水)
19:00開場 19:30開演

スタジオOWL
〒790-0003
愛媛県松山市三番町3丁目6-2 ab’s square2F
089-941-0036
http://owl21.info/◇◆

2,500円/3,000円 ワンドリンクオーダー制

ご予約
owl21@mx82.tiki.ne.jp

—————————————-
【福井】
8/2(木)
18:30開場 19:00開演

フラットキッチン
910-0023 福井県福井市順化2-16-14
http://www.flat-fukui.tv/kitchen.html

2,500円(1ドリンク付)

ご予約
Facebookのイベントページでの参加ボタンを押してください。運営スタッフより、直接メッセージ送らせていただきます。その際に参加人数の確認や駐車場等のお知らせをさせていただきます。
https://www.facebook.com/events/971528953020460/?ti=icl

—————————————-
【富山】
8/3(金)
18:30開場 19:00開演

ホーム キッチン(HOME kitchen)
富山県富山市太郎丸2-3-6

2,500円(1ドリンク付)

ご予約
Facebookのイベントページでの参加ボタンを押してください。運営スタッフより、直接メッセージ送らせていただきます。その際に参加人数の確認や駐車場等のお知らせをさせていただきます。
https://www.facebook.com/events/2041805989481410/

—————————————-

九州ツアー

国内レコ発ツアー第1弾!
今週末より九州に行って参ります!

霧島→奄美→熊本→大分→山口→博多→鹿児島→鹿屋

と回って5/4に帰ってきます。

ツアー先、お近くにお住いの方々、是非聴きにいらして下さい!

九州ツアー
豊田耕三ソロアルバム
『Internal Circulation〜呼吸の巴〜』リリースツアー

4月
22(日)霧島市溝辺麓 照明寺 おはなまつり day2
24(火)鹿児島県奄美市 名瀬入舟町 MAYASCO
26(木)熊本市 蔦屋書店熊本三年坂 イベントスペース
27(金)大分県杵築市 山香町大字野原 カテリーナ古楽器研究所
29(日)山口市湯田温泉 中原中也記念館
30(月)福岡市博多区上川端 アトリエ穂音

5月
1(火)鹿児島市 sittiera hall
2(水)鹿屋市 ふくどめ小牧場

<詳細>
—————————————————————————————

▶4/22(日)
会場|照明寺(〒899-6404 鹿児島県霧島市溝辺町麓2560)
時間|開場11:00/開演11:00
料金|お花一輪
出演|豊田耕三(Wooden Flutes)/久保慧祐(Guitar)他
お問い合わせ: 090-8406-1888(福留)

▶4/24(火)
会場|MAYASCO(〒894-0034 鹿児島県 奄美市名瀬入舟町22-9)
時間|開場19:30/開演20:00
料金|2000円/要1ドリンクオーダー
出演|豊田耕三(Wooden Flutes)/久保慧祐(Guitar)/豊田まり(Vocal)
お問い合わせ: 0997-53-9317(マヤスコ) or 090-8406-1888(福留)

▶4/26(木)
会場|蔦屋書店熊本三年坂 イベントスペース(〒860-0801 熊本県熊本市中央区安政町1-2 カリーノ下通3F)
時間|開場19:30/開演20:00
料金|1,500円/要1ドリンクオーダー
出演|豊田耕三(Wooden Flutes)/久保慧祐(Guitar)/豊田まり(Vocal)
お問い合わせ: TEL:096-212-9891/FAX:096-212-9890

▶4/27(金)
会場|カテリーナ古楽器研究所(〒879-1307 大分県杵築市山香町大字野原428)
時間|開場 18:30 開演 19:00
料金|前売り 2,500円 当日 3,000円
出演|豊田耕三+久保慧祐
*当日はカテリーナの森の薬草茶や紅茶、軽食などの販売もございますので合わせてお楽しみください。
[お問い合わせ]
TEL: 0977-75-0247(カテリーナ古楽器研究所)
HP: www.catherina1972.com

▶4/29(日・祝) ※この日のみVOICE SPACEの公演で、レコ発ツアーとは内容が異なります。
中原中也生誕祭 空の下の朗読会
会場|中原中也記念館 前庭(山口市湯田温泉1-11-21)
※雨天の場合は湯田温泉ユウベルホテル松政にて開催
時間|第1部:12時30分~14時00分 自由参加の朗読
※朗読を希望される方は12時から 会場にて受け付けます
※1組3分以内 先着20組
第2部:14時10分~15時00分 VOICE SPACE mini Live
料金|入場無料(記念館の入館も無料になります)
出演|黄木透(テノール)、関口将史(チェロ)、豊田耕三(アイリッシュフルート、ティン・ホイッスル) 、中村裕美(作曲・ピアノ

▶4/30(月・祝)
会場|アトリエ穂音(博多区上川端9-35 冷泉荘A31)
時間|開場18:30/開演19:00
料金|予約2,500円/当日3,000円※ドリンク付き
出演|豊田耕三(Wooden Flutes)/久保慧祐(Guitar)/zerokichi(ukulele)

▶5/1(火)
会場|sitierra hall(〒892-0823 鹿児島県鹿児島市住吉町7−18)
時間|開場19:30/開演20:00
料金|予約2,000円/要1ドリンクオーダー
出演|豊田耕三(Wooden Flutes)/久保慧祐(Guitar), the honest
お問い合わせ|090-8406-1888(福留), mail/ souvenir.music.co@gmail.com

▶5/2(水)
会場|ふくどめ小牧場(〒893-0044 鹿児島県鹿屋市獅子目町81-1)
時間|開場18:30/開演19:00
料金|予約2,000円(当日2,500円)/要1ドリンクオーダー
出演|豊田耕三(Wooden Flutes)/久保慧祐(Guitar), the honest
お問い合わせ|090-8406-1888(福留), mail/ souvenir.music.co@gmail.com

2017年個人的10大ニュース

2017年個人的10大ニュース

10.新しいアコーディオンを手に入れる。
3月にBertrand Gaillardのアコーディオンを3年半待った末に手に入れたために、アコーディオン熱に火が付き、アコーディオンを弾きまくる年になりました。

9.麻里との共演
シンガーである妻、麻里との共演をちゃんとやったのは今年が初めて。いくつかあった機会の中にはO’Jizoやダンサーさん達と共に大きなコンサートホールでというものまでありました。

8.たくさんのレコーディング
今年もたくさんのレコーディングの仕事を頂きました。いつもわくわくする瞬間の一つ。

7.Toyota Ceili Band 1stアルバム「Gathering Cloud」リリース
1月の頭にレコーディングをして4月にリリース。タワレコでレコ発インストアライヴも行いました。

6.O’Jizoアメリカツアー
10〜11月に行ったツアー、昨年に引き続き2回目の参加となるGalway Bay Irish Music Festivalで熱狂的な歓迎を受け、ロサンゼルスでもコンサートを行いました。

5.O’Jizo伊勢神宮奉納演奏
3月の頭にセントパトリックスデーの一環で奉納演奏しました。

4.O’Jizo 2ndアルバム「Via Portland」リリース
昨年アメリカはオレゴン州ポートランドでレコーディングし、3月にリリース。レコ発ツアーで各地を回ると共に、雑誌やラジオなどメディアへの露出も重なりました。

3.「題名のない音楽会」出演
11月のミュージカルの会、12月のケルト音楽特集の会と二回に渡り出演。特に12月は30分丸々大々的に取り上げて頂きました。
また、10月にはNHKのドラマ「山女日記」にもミュージシャン役として出演しました。


2.The Chieftains、Matt Molloyと共演
アイルランドの国宝級バンドの来日公演に出演。とりわけフルートの神様Matt Molloyとの共演は豊田の人生にとってかなり大きなできごとでした。

1.ソロアルバムレコーディング
10〜11月のアメリカツアーの際にO’Jizoの他のメンバーより一足先にポートランドに行き、ソロアルバムをレコーディングしました。来春リリース予定で現在精力的に準備を進めております。

振り返ると同じ年なのかと驚く位濃い一年。

そして、何か自分でコントロールできない大きな流れがやってきて、それに身を任せるうちにこうなった、例年よりもずっと強くそう思わされた一年でもありました。

来年も今年以上に皆様に頼って生きて参りますのでどうぞよろしくお願いします(笑)

ではこれから年越し蕎麦と年越しセッションに行って参ります。

よいお年をお迎えください。

門下合宿

img_0625

先週末は門下生の合宿でした。

栃木の星ふる学校くまの木というところへ。

この場所は昨年に引き続き2回目。

合宿は今年で4回目。

みんな仲が良くて、のんびりと楽しいことを共有する合宿。

本当にコミュニティに恵まれているなぁと思う三日間でした。

アイルランドから帰国

アイルランドから帰ってきました。

濃い濃い10日間でした。

印象的な出来事を3つだけ書きます。

まず、フラー・キョールも最高潮の土曜日の夜、野外の大きなステージで、大トリで演奏しました。

長年憧れのステージでした。

雨が降りしきる中どんどんお客さんが増えて、本当に盛り上がり、まさかのアンコールまで頂きました。

これはアンコールの演奏の映像です。

そして、ホイッスルのスローエア部門で3位を獲得しました。

6回目の挑戦で初めてのことです。

アジア人初のメダル獲得だそうです。

自分よりも、自分の挑戦をずっと見てきてたアイルランドの友人、コンペティター、先生達、そして、日本の友人、彼らが喜んでくれたことが嬉しかった。

img_0675

 

最後に、何よりフラー・キョールのケーリーバンドコンペティションに参加するという、5年前のケーリーバンド結成当初からの夢がかないました。

2000人超えの会場で総立ちのスタンディングオベーションはちょっと筆舌に尽くしがたいものがありました。

やはり嬉しいのは他のケーリーバンドの人達がこちらを認めてくれて、仲良くなれること。

img_0690

 

いずれの演奏に関しても聴いてくれた人達が後から後から素晴らしかったとわざわざ寄ってきて捕まえて声をかけてくれ、そのお陰で次々色んな人達と仲良くなれる。

これは今までも勿論ありましたが、やはり規模や反響の大きさが圧倒的に大きいと感じました。

詳しいことはまた書きますが、何よりも今回のツアーをご支援して下さった皆様、日本からわざわざ現地まで応援に来て下さった皆様、日本から応援して下さった皆様、そして、一緒に夢をかなえてくれたバンドメンバーには感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!

クラウドファンディング御礼とアイルランドへ出発!

昨夜で締め切りとなりましたToyota Ceili Bandのクラウドファンディングはお陰様で¥1749000、87%に到達しました。

直接ご支援頂いた額と合算すると、15%の手数料を差し引いても何とか無事に目標額の200万円に到達することができました。

たくさんのご支援本当にありがとうございました!
昨夜はアイルランド大使館にて壮行会ミニコンサートが行われ、定員50名のところを80名の方々が応援に駆けつけて下さいました。
今日はこれから第一陣が出発です。

フルート豊田耕三とフィドルの大久保真奈、そして、同じく日本代表のもう一つのケーリーバンド、Taro Ceili Bandのフィドル金子綾君がたった今成田空港にいます。

img_0587-1
アブダビ経由のエティハド航空です。

行ってきます!