カテゴリー別アーカイブ: O’Jizo

O’Jizo旅行記 アメリカツアー2018

10/15~11/2まで、実に19日間に及ぶツアーにO’Jizoで行ってきました。

O’Jizoでのアメリカツアーは今年で三年連続となりました。

今回はこんな日程。

 

10/15~21 Galway Bay Celtic Festival @Ocean Shores

10/22~26 レコーディング @Portland

10/27~11/2 ハワイ

 

<1.Galway Bay Celtic Festival>

今回も行きのフライトは成田からポートランド。

IMG 0869

ポートランドからレンタカーを借りて車で3時間、ワシントン州はオーシャンショアで開催されるこのフェスティバルへの参加も今回で3回目。

665C2EB0 AB2D 44DA 852E AF3C79534950

 

これまでと大きく違うのは日程。

去年、一昨年は週末のみだったのが、今年は火曜日から日曜日まで15ステージをこなすというロングスケジュール。

恐る恐る手探りで参加した一昨年、2nd アルバム『Via Portland』を引っ提げていき、お帰りと歓迎された去年。

今年は主催者からももう少しやってみないかという有り難い打診を受けての大幅拡大です。

IMG 0878

しかも、ステージも今までやったことがなかったパブのメインステージやバンケットステージがいくつも追加。

昼、夕、夜と大体一日3ステージ演奏し、大きなステージでも演奏するようになると、今まで一部の熱狂的なファン層という感じだった客層が次第に広がってきて、口コミでさらに広がってということが起きるようになりました。

IMG 0887

IMG 0916

IMG 0902

今回はそれに加えて他のバンドとお客さんの前でセッションをするという枠が3つ位あり、お客さんは勿論、他のバンドのミュージシャン達にもO’Jizoの名前が浸透。

IMG 0709

サウンドエンジニアからは最終日に「今やどのミュージシャンもどのお客さんもみんな君達のことを話題にしているよ!このフェスティバルのハイライトだ!」と言われる程に。

また、お客さんの一人から「このフェスティバルでは滅多に無いこと」と言われたスタンディングオベーションも、6日間で片手では数えられない位は頂いたかと思います。

IMG 0919

最後の日に主催者から「次はもっと大きなステージかな?」とニヤッとされるおまけ付き。

一番大きなコンベンションセンターのメインステージでの演奏がまだ果たせていない次の目標ではありますが、こちらは基本歌あり、ドラムあり、ベースありの迫力満点のバンド中心で構成されているので可能性は低いかなとこの一言を聞くまでは思っていたのと、この手のフェスティバルは大抵バンドの入れ替えというのがあるのでこればかりは主催者の采配次第かなとは思いますが、次へのさらなる期待を抱かされる大きな手応えを得たフェスティバルとなりました。

IMG 0688

 

 

 

<2. レコーディング@ポートランド>

21(日)の夜にオーシャンショアを出発して再びポートランドへ。

慣れ親しんだMikeとNancyの家に今回も滞在。

IMG 0995

 

Nancyは豊田が3年前に単身でポートランドに初めて来て、地元のセッションに参加した時に最初に出会ったミュージシャンの一人。

素晴らしいギタリストであり、シンガー。

O’Jizoの『Via Portland』のゲストシンガーは彼女。

旦那さんのMikeはレコーディングエンジニアで、モンスタークラスのジャズギタリストであり、かつてはギター職人でもあったとんでもない人。

IMG 0727

ここでのレコーディングはO’Jizoで2回目。

豊田は昨年ソロアルバムを録っているので三年連続。

IMG 0706

前作『Via Portland』が長期にわたってつくり上げてきたセットを集大成的に録音したものであったのに対し、今回は短期間で一気に9セットつくりあげるという対照的なスタンス。

しかもオリジナルが多かった前作に対し、今回はトラッド中心。

新曲のつくりこみは前週のフェスティバル中に毎朝リハをしては本番のステージで試し、改良を重ねて、日に日にセット数も追加していくという方法を取りました。

 

今回フェスティバル中の滞在がホテルではなく、コンドミニアムのような一軒家であったことがすごくプラスに働きました。

8A5CC9E2 C308 4B87 9847 30F490A4C6CA

誰にも気兼ねせずに心ゆくまでリハーサルできる最高の環境だったのです。

IMG 0891

この集中的な合宿感は今までにO’Jizoにはあまりなく、個人的にもとてもスリリングで面白い経験となりました。

 

新しいアルバムは現在次のミックスの段階に入っています。

リリースを楽しみにしていて下さい。

 

このレコーディング中にはレジェンド、フィドル奏者のケビン・バーク氏がレコーディングスタジオに遊びに来てくれるという驚きの出来事もありました。

IMG 0936

 

 

<3. Hawaii>

そして、今回もう一つの焦点となったのがハワイ!ホノルル!

豊田にとっては人生初ハワイでした!

IMG 0970

Galway Bayのフェスティバルには7年程前からホノルルの方々が10~20人位来ていて、昨年知り合って仲良くなり、その縁で今年は帰る途中にハワイに寄っていくことになったのです。

 

日本よりも5℃以上寒いポートランドからハワイにやってきた時のリゾート感は一入で、この旅の中でも一際テンションが上がりました。

着いたその日の夜は滞在先のDavidとLindaの家でウェルカムパーティ。

IMG 0975

地元の方々と交流しました。

 

翌日曜日と月曜日は、4軒のアイリッシュパブを経営するBillさんのパブのうち2軒で演奏。

 

IMG 1018

IMG 1021

IMG 1053

続きを読む O’Jizo旅行記 アメリカツアー2018

O’Jizo USツアー

O’Jizoでアメリカに来ております。

今回は

ワシントン州のオーシャンショアのGalway Bay Irish Music Festival

6日間

ポートランド

5日間のレコーディング

ハワイ ホノルル

ライヴと数日間の滞在

となっております。

今日でフェスティバル3日目。

今5つ目のステージが終わって帰ってきたところです。

今日はまだあと22:30からのステージがもう一つあります。

大体昼に1つ、17:00頃に一つ、そして22:00か23:00位に1つ、1日3本のステージで演奏して、帰ってきては8曲以上ある新曲のリハをやるという日々を過ごしています。

このフェス自体は3年目なのでお客さん達も平日昼間だろうが夜遅くだろうが結構集まってくれて、何度も聴いてくださっている方々からは「Oh, O’Jizo!Welcome back!」とよく声をかけてもらえます。

とてもいい雰囲気のフェスティバルです。

滞在先も今回はホテルではなくコンドミニアムっていうんでしょうか?普通の大きな一軒家でして、とても快適に過ごしています。

そんなO’Jizoの帰国後の最初の国内ライヴは

2018年11月22日(木)

19:00 open 19:30 start

HUTTE

町田市玉川学園1-4-33

予約 2500円 当日 3000円 (+1drink order)

ご予約

090-7236-5953

welcome.hutte@gmail.com

となります。

新曲が国内初お披露目となります。

皆様のお越しをお待ちしております。

2017年個人的10大ニュース

2017年個人的10大ニュース

10.新しいアコーディオンを手に入れる。
3月にBertrand Gaillardのアコーディオンを3年半待った末に手に入れたために、アコーディオン熱に火が付き、アコーディオンを弾きまくる年になりました。

9.麻里との共演
シンガーである妻、麻里との共演をちゃんとやったのは今年が初めて。いくつかあった機会の中にはO’Jizoやダンサーさん達と共に大きなコンサートホールでというものまでありました。

8.たくさんのレコーディング
今年もたくさんのレコーディングの仕事を頂きました。いつもわくわくする瞬間の一つ。

7.Toyota Ceili Band 1stアルバム「Gathering Cloud」リリース
1月の頭にレコーディングをして4月にリリース。タワレコでレコ発インストアライヴも行いました。

6.O’Jizoアメリカツアー
10〜11月に行ったツアー、昨年に引き続き2回目の参加となるGalway Bay Irish Music Festivalで熱狂的な歓迎を受け、ロサンゼルスでもコンサートを行いました。

5.O’Jizo伊勢神宮奉納演奏
3月の頭にセントパトリックスデーの一環で奉納演奏しました。

4.O’Jizo 2ndアルバム「Via Portland」リリース
昨年アメリカはオレゴン州ポートランドでレコーディングし、3月にリリース。レコ発ツアーで各地を回ると共に、雑誌やラジオなどメディアへの露出も重なりました。

3.「題名のない音楽会」出演
11月のミュージカルの会、12月のケルト音楽特集の会と二回に渡り出演。特に12月は30分丸々大々的に取り上げて頂きました。
また、10月にはNHKのドラマ「山女日記」にもミュージシャン役として出演しました。


2.The Chieftains、Matt Molloyと共演
アイルランドの国宝級バンドの来日公演に出演。とりわけフルートの神様Matt Molloyとの共演は豊田の人生にとってかなり大きなできごとでした。

1.ソロアルバムレコーディング
10〜11月のアメリカツアーの際にO’Jizoの他のメンバーより一足先にポートランドに行き、ソロアルバムをレコーディングしました。来春リリース予定で現在精力的に準備を進めております。

振り返ると同じ年なのかと驚く位濃い一年。

そして、何か自分でコントロールできない大きな流れがやってきて、それに身を任せるうちにこうなった、例年よりもずっと強くそう思わされた一年でもありました。

来年も今年以上に皆様に頼って生きて参りますのでどうぞよろしくお願いします(笑)

ではこれから年越し蕎麦と年越しセッションに行って参ります。

よいお年をお迎えください。

2017年6~7月O’Jizoツアー 松本→下野→上田

6/29からO’Jizoが2ndアルバムVia Portlandを引っ提げて松本、下野、上田をツアーします。

お近くの方もそうでない方もご都合の宜しい方は是非!

6/29(木)
Via Amijok
開場19:00 / 開演19:30
料金:2,500円
(+要ワンドリンクオーダー)
会場:amijok
(松本市中央3-4-14)
予約:
・メール予約:amijok2011@gmail.com
・店頭予約 :スタッフにお申し付けください。
・電話予約 :0263:88:6238(小島まで)

※お名前・人数・電話番号(できましたら繋がりやすい携帯電話)をお知らせください。
※イベントページの参加ボタンではご予約完了になりません。
必ずメールかお電話、店頭でのご予約をお願い致します。
※予約状況によっては立ち見になる可能性もございます。座席のご利用は入場順となります。

facebookイベント

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6/30(金)
Bella Notte vol.2(ビアガーデンVer.)
OPEN17:30~21:00CLOSE
Italian caffe bar L’ape Ronza(ラーペ・ロンツァ)
栃木県下野市本吉田937-1
フード:事前予約¥2,000 当日:¥2,500
※共にビュッフェスタイル、税込
ドリンク:キャッシュオン
演奏はバンドの気の向くまま♪

★ご予約は「参加予定」でコメントで人数をご連絡ください。またはメール(info@laperonza.com)でご予約ください。
お電話の場合は只今長期休暇中のため、営業再開後の20日以降にご連絡ください。

※フード料金について
・中学生以上は大人料金となります。
・子ども料金(小学生)¥1,000(当日¥1,500)、未就学児は無料です。

facebookイベント

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7/1(土)
Live at Marufuji

開場18:00 / 開演19:00
料金:予約2,000円 / 当日2,300円
(+要ワンドリンクオーダー)
割引:小学生以下無料
会場:パンとお菓子 まるふじ
(上田市別所温泉1717-5)

メール予約:yoyaku.marufuji@gmail.com
“パンとお菓子 まるふじ”
※件名に「7/1予約」と明記の上、お名前・人数・電話番号をお送りください。

電話予約&問合せ:0268-75-0211

※予約状況によっては立ち見になる可能性もございます。座席のご利用は入場順となります。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

facebookイベント

O’Jizoレコ発ライヴ終了

O’Jizoのレコ発ライヴが無事終わりました。

たくさんの方々にお越し頂き、CDも飛ぶように売れました。

お越し頂いた皆様、ありがとうございました!

O’Jizoは今日の横浜元町パレード、来週3/19の代々木公園のI Love Ireland Festival でも演奏が予定されています。
3/20にはアリオ柏でも演奏します。

それが終わると今月末から日本各地を周るツアーがちょこちょこ入ってきます。

CDを遠くの皆様にお届けする旅です。

O’Jizo以外にも明日からはIntercollegiate Celtic Festival というフェスティバルがありますし、3月中はセントパトリックデー関連の演奏の機会がたくさんあります。

緑のものを身につけて聴きにいらしたく下さい。

いよいよ、明日【O’Jizo】Via Portland レコ発ライヴ!

いよいよ明日3/11はO’Jizoのレコ発ライヴです。

今週ゲストの2人、フィドルのマイキー・オシェイ、そして、パーカッションの渡辺庸介君とリハをしました。

実はレコーディングでは後から重ねてもらったので、今回の新曲達を生で一緒に演奏するのは初めてだったのです。

明日いらっしゃれる方、期待していて下さい。

特にこのアルバムのために書き下ろされた

Journey to Big Country(長尾晃司作曲)
Fogs(中村大史作曲)
Trail from Portland(豊田耕三作曲)

この3曲なんかもう全然別次元のスケールになります。

自分で書いたTrail from Portlandなんて、普段のライヴでも2種類の旋律が同時に鳴るんですけれど、そこにもう一つ旋律が増えて複雑に絡みますからね。

音にした瞬間、ああこれだったんだよ、僕がつくりたかった音は!って思いました。

あれは申し訳ないのですが、普段の3人のライヴじゃできないです。

というわけで、O’Jizo今月はちょいちょいあちこちで演奏はありますけれど、明日のライヴだけは全く別物です!

次に行けばいいやと思っている方、可能ならば予定を変更してでも明日をお勧めします!

大分席は埋まってきてますが、まだ入れます。

お待ちしております!

【 O’Jizo「Via Portland」発売記念ライブ 】

3月11日(土)
下北沢 440

O’Jizo
豊田耕三
長尾晃司
中村大史

guest musicians
Mikie O’Shea(fiddle)
渡辺庸介(percussion)

12:00 open / 12:30 start

予約¥2,500 / 当日¥3,000(+1drink)

【予約】ojizo.org@gmail.com

メール件名に「3/11ライブ」、お名前、人数、ご連絡先を添えてお送りください。

*先着順の入場となります。

http://440.tokyo
〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-29-15 SYビル2F

伊勢神宮奉納演奏

先週伊勢神宮で奉納演奏をして参りました。

言葉では表せない、体験でした。

鳥肌が立つ瞬間がたくさんありました。

不思議なことに演奏中弱気になりそうな瞬間に、これは神様に奉納していると思った方が演奏は楽になり、うまくいくのでした。

鎌倉時代の仏師が念仏を唱えながら一彫り一彫り仏像を彫っていった結果、常人では考えられないような精度に達するという話を聞いたことがありますが、それに近いんでしょうかね(笑)

本当に素晴らしい体験をさせて頂きました。

また、伊勢、ドンファン・イーヴルさんでのカンランwithチョージさんとのライヴ、名古屋宗次ホールでのコンサート、広尾の南麻布セントレホールのコンサート、そして、地元八千代のリエゾンさんでのライヴ、この一週間O’Jizoはたくさんのお客さんに演奏を聴いて頂き、CDもたくさん買って頂きました。
ありがとうございました。

明日はいよいよレコ発ライヴです。

伊勢神宮奉納演奏、宗次ホールコンサート

今日から三日間O’Jizo伊勢〜名古屋ツアーです。

3/5発売の新しいアルバム、僕は昨日初めて現物を手にしたのですが、それを携えて参ります。

今夜の伊勢のライヴはお陰様で満席、当日券も無いとのことです。

明日は伊勢神宮で奉納演奏させて頂きます。
普段から地元の神社に神楽囃子連として関わらせて頂いているが故に(特別信仰はありませんが)、これがいかに特別で恵まれた機会であるかは人並み以上に感じているつもりです。
しかも神楽ではなく、アイリッシュを演奏。
身の引き締まる思いです。

3/4(土)
【O’Jizo】アイルランド伝統音楽 奉納演奏 2017@伊勢神宮
日本・アイルランド外交関係樹立60周年記念 特別事業
13:30〜14:30
伊勢神宮 外宮奉納舞台
O’Jizo
奈加靖子
栩木伸明

3/5の名古屋宗次ホールの方はお席がまだあります。
O’Jizoはホール向き、響きの良い宗次ホールは特に合うはずと色んな方々から言われてきて、念願叶っての初出演です。

3/5(日)
アイルランド伝統音楽の調べ
11:00開場 11:30開演
宗次ホール
O’Jizo
豊田耕三(アイリッシュ・フルート&ホイッスル)
長尾晃司(ギター&バンジョー)
中村大史(ブズーキ&アコーディオン)
¥1,000(全席自由)
チケットのお取り置きは
ojizo.org@gmail.com

2〜3月のライヴラッシュ

今日からライヴラッシュです。

3月いっぱいえらいことになってます。

伊勢神宮の奉納演奏もあります。

主宰バンドのO’Jizoが5年ぶりに新しいアルバムを出します。

だーっと書いてみます。
是非聴きにいらして下さい。

本当はまだまだあるのですが、3/18以降の予定がまだフィックスしきっていないので一旦3/16まで。

———————————————————————————
2/22(水)
アイリッシュミュージックライブ@An SOLAS
【Mike McGoldrick Tribute】
20:00〜

AnSOLAS(代々木駅から徒歩3分)
アン ソラス アイリッシュ パブ
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目22番3号

<出演>
豊田耕三:flute
田中千尋:Button Accordion
久保慧祐:guitar
北川友里:Bodhran,Percussion

ミュージックチャージフリー

https://www.facebook.com/events/1808558202739567/

———————————————————————————
2/23(木)
夜り道倶楽部 『アイリッシュナイト』@蔵前4273
【Mike McGoldrick Tribute】
Open 19:30, Start 20:00(1ステージのみ)

蔵前4273
東京都台東区蔵前4-27-3
(都営浅草線大江戸線蔵前駅より徒歩5分)
当日、会場内を分煙とさせていただきます。

<出演>
豊田耕三(フルート)
久保慧祐(ギター)
北川友里(バウロン)

<料金>
¥1,000
別途ドリンク注文お願いします

<ご予約>
facebookのイベントページで参加表明していただくか、蔵前4273店頭もしくはお電話(070-6511-4273)まで。
お名前、人数、ご連絡先をスタッフまでお伝えください。
https://www.facebook.com/events/1803708063227759/

———————————————————————————
2/25(土)
Afternoon Performance – Kozo & Yoko Collaboration@巨人のシチューハウス
15:30-17:30

巨人のシチューハウス
東京都品川区豊町1-3-11

<出演>
豊田 耕三(フルート ホイッスル 篠笛)
高野陽子(ヴォーカル 沖縄三線)
武田良平(ブズーキ ヴォーカル)

<料金>
¥2000

<ご予約>
facebookイベントページ又は各出演者までお願いいたします。

https://www.facebook.com/events/385334238496585/

———————————————————————————
2/27(月)
アイリッシュミュージック・ライブ@高円寺Grain
Open 19:30, Start 20:00

巨人のシチューハウス
東京都品川区豊町1-3-11

<出演>
豊田 耕三(フルート ホイッスル 篠笛)
高野陽子(ヴォーカル 沖縄三線)
武田良平(ブズーキ ヴォーカル)

¥2500+1 Drink order

<ご予約>
facebookイベントページ又は各出演者までお願いいたします。

https://www.facebook.com/events/1800188176911127/

———————————————————————————
3/3(金)
【O’Jizo】《早春の情景 北欧〜アイリッシュ》@ドーファン・イーヴル(伊勢)
Open 18:30, Start 19:00

<場所> ドーファン・イーヴル 0596-23-7577 三重県伊勢市宮後2-2-10 しんみちヒシダビル2F <出演>
カンラン / O’Jizo

<料金>
予約¥2,500 / 当日¥3,000(+drink)

<ご予約>
予約・お問い合わせ:サハラブルー0598-22-1174

———————————————————————————
3/4(土)
【O’Jizo】アイルランド伝統音楽 奉納演奏 2017@伊勢神宮
日本・アイルランドk外交関係樹立60周年記念 特別事業
13:30〜14:30

<場所> 伊勢神宮 外宮奉納舞台 <出演>
O’Jizo
豊田耕三(フルート)、長尾晃司(ギター)、中村大史(ブズーキ&アコーディオン)
奈加靖子
栩木伸明

奉納団体: アイリッシュ ネットワーク ジャパン 三重支部

———————————————————————————
3/5(日)
【O’Jizo】〈ランチタイム名曲コンサートvol.1539〉
アイルランド伝統音楽の調べ
~フルート、アコーディオン、ギターで綴る躍動と郷愁~

Open 11:00 , Start 11:30

<場所> 宗次ホール 愛知県名古屋市中区,栄4丁目5番14号 <出演>
O’Jizo
豊田耕三(アイリッシュ・フルート&ティン・ホイッスル)
長尾晃司(ギター&バンジョー)
中村大史(ブズーキ&アコーディオン)

<料金>
¥1,000(全席自由)

<ご予約>
チケットの取り置きは
ojizo.org@gmail.com
まで。

———————————————————————————
3/8(水)
【O’Jizo】未来からくる演奏家を聴く会@南麻布セントレホール

Open 18:15 , Start 18:45

<場所> 南麻布セントレホール 東京都港区南麻布 4-12-25 東京メトロ日比谷線「広尾駅」1 番出口より徒歩 6 分 <出演>
O’Jizo
豊田耕三(アイリッシュ・フルート&ティン・ホイッスル)
長尾晃司(ギター&バンジョー)
中村大史(ブズーキ&アコーディオン)

<料金>
¥2000(学生¥1500)

<ご予約>
チケットの取り置きは
ojizo.org@gmail.com
まで。

———————————————————————————
3/10(金)
【O’Jizo】Live@エスニックDINING リエゾン

Open 11:00 , Start 12:00

<場所> エスニックDINING リエゾン 276-0032 八千代市八千代台東1-14-1 八千代プラザ3階 京成本線八千代台駅東口より徒歩1分 047-86-8927 <出演>
O’Jizo
豊田耕三(アイリッシュ・フルート&ティン・ホイッスル)
長尾晃司(ギター&バンジョー)
中村大史(ブズーキ&アコーディオン)

<料金>
¥2000(食事、ドリンク付き)

<ご予約>
小山 090-4843-5251 まで

———————————————————————————
3/11(土)
【O’Jizo】「Via Portland」発売記念ライブ

Open 12:00 , Start 12:30

<場所> 下北沢 440 http://440.tokyo
〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-29-15 SYビル2F

<出演>
O’Jizo
豊田耕三(アイリッシュ・フルート&ティン・ホイッスル)
長尾晃司(ギター&バンジョー)
中村大史(ブズーキ&アコーディオン)
guest musicians
Mikie O’Shea(fiddle)
渡辺庸介(percussion)

<料金>
予約¥2,500 / 当日¥3,000(+1drink)

<ご予約>
ojizo.org@gmail.com
メール件名に「3/11ライブ」、お名前、人数、ご連絡先を添えてお送りください。
*先着順の入場となります。

———————————————————————————
3/12(日)
【O’Jizo、他】セントパトリックスデーパレード@横浜元町

<場所> 横浜元町商店街 <出演>
O’Jizo
豊田耕三(アイリッシュ・フルート&ティン・ホイッスル)
長尾晃司(ギター&バンジョー)
中村大史(ブズーキ&アコーディオン)

[オープニングセレモニー]
13:00- ダンス(アルダースクール->クレア->ファーガス)
13:15- アイリッシュミュージックライブ(Tricolor->Sonora)
13:50- 開会挨拶
14:00- パレードスタート

[パレード後3丁目イベント]
15:20- オープンエアケーリー(クレア)
15:40- アイリッシュミュージックライブ(O’Jizo)

———————————————————————————
3/13(月)~15(水)
Intercollegiate Celtic Festival

<場所> 国立オリンピック記念青少年総合センター ——————————————————————————— 3/14(火) 【Toyota Ceiili Band】ICF スペシャルケーリー Open 18:00 , Start 18:30 (~21:30) <場所> 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1 小田急線参宮橋駅 下車 徒歩約7分 http://nyc.niye.go.jp

<出演>
Toyota Ceiili Band

<料金>
会費:1500円

———————————————————————————
3/16(木)
St.パトリックスデーイベント@The Old Rock(神田)

19:30~20:00 1st
20:30~21:00 2nd
21:30~22:00 3rd 

<場所> The Old Rock https://www.facebook.com/THE-OLD-ROCK-516697615150937/?fref=ts
〒101-0047
東京都千代田区内神田1丁目15番2号

<出演>
豊田耕三 : Flute
Mikie O’Shea : Fiddle
武田良平 : Bouzouki

新年のご挨拶

遅ればせながらあけましておめでとうございます。
1/3に36歳になりました。年男です。

 

昨年は激動の一年でした。

夏には主宰するダンスの伴奏専門バンド、トヨタケーリーバンドをアイルランドに連れて行き、アイルランド伝統音楽最大の祭典、フラー・キョールFleadh Cheoilのケーリーバンドコンペティションにアジア圏から初めて出場し、スタンディングオベーションで迎えて頂きました。

個人部門でもティン・ホイッスルのスローエア部門で3位入賞を果たしました。これもアジア人として初めてのことだそうです。

秋には別の主宰バンドのO’Jizoがアメリカはオレゴン州のポートランドに行き、待望のレコーディングを成し遂げ、現地のフェスティバルでも演奏しました。

さらに、個人的な話になりますが、シンガーの今井麻里さんと11月に入籍致しました。

 

今年はそのポートランド録音のO’JizoのCDが3/5に発売になります。

O’Jizoはその前日3/4伊勢神宮で奉納演奏もします。

3/5の名古屋宗次ホール、3/11の下北沢でのレコ発ライヴを皮切りに日本全国を駆け回ることになると思います。

秋には再びアメリカに行く計画もあります。

トヨタケーリーバンドもレコーディングが始まっています。

既にレコーディングを終えている別の和テイスト寄りのバンド、にしむくさむらい(旧とらとらとら)のCDも発売になると思います。

ソロアルバムをなんていう有り難いお話があがったりもしています。

自宅の一室を防音加工するべく動いていて、夫婦両方のレッスンを自宅でできるように準備しています。

他にもまだまだ色々ありますが、もしかしたら昨年以上に激動の年になるかもしれません。

それでもまぁ基本一日一日の生活を大事にして生きていきたいと思います。

皆様、本年もどうぞ宜しくお願いします。