カテゴリー別アーカイブ: Recording

O’Jizo旅行記 アメリカツアー2018

10/15~11/2まで、実に19日間に及ぶツアーにO’Jizoで行ってきました。

O’Jizoでのアメリカツアーは今年で三年連続となりました。

今回はこんな日程。

 

10/15~21 Galway Bay Celtic Festival @Ocean Shores

10/22~26 レコーディング @Portland

10/27~11/2 ハワイ

 

<1.Galway Bay Celtic Festival>

今回も行きのフライトは成田からポートランド。

IMG 0869

ポートランドからレンタカーを借りて車で3時間、ワシントン州はオーシャンショアで開催されるこのフェスティバルへの参加も今回で3回目。

665C2EB0 AB2D 44DA 852E AF3C79534950

 

これまでと大きく違うのは日程。

去年、一昨年は週末のみだったのが、今年は火曜日から日曜日まで15ステージをこなすというロングスケジュール。

恐る恐る手探りで参加した一昨年、2nd アルバム『Via Portland』を引っ提げていき、お帰りと歓迎された去年。

今年は主催者からももう少しやってみないかという有り難い打診を受けての大幅拡大です。

IMG 0878

しかも、ステージも今までやったことがなかったパブのメインステージやバンケットステージがいくつも追加。

昼、夕、夜と大体一日3ステージ演奏し、大きなステージでも演奏するようになると、今まで一部の熱狂的なファン層という感じだった客層が次第に広がってきて、口コミでさらに広がってということが起きるようになりました。

IMG 0887

IMG 0916

IMG 0902

今回はそれに加えて他のバンドとお客さんの前でセッションをするという枠が3つ位あり、お客さんは勿論、他のバンドのミュージシャン達にもO’Jizoの名前が浸透。

IMG 0709

サウンドエンジニアからは最終日に「今やどのミュージシャンもどのお客さんもみんな君達のことを話題にしているよ!このフェスティバルのハイライトだ!」と言われる程に。

また、お客さんの一人から「このフェスティバルでは滅多に無いこと」と言われたスタンディングオベーションも、6日間で片手では数えられない位は頂いたかと思います。

IMG 0919

最後の日に主催者から「次はもっと大きなステージかな?」とニヤッとされるおまけ付き。

一番大きなコンベンションセンターのメインステージでの演奏がまだ果たせていない次の目標ではありますが、こちらは基本歌あり、ドラムあり、ベースありの迫力満点のバンド中心で構成されているので可能性は低いかなとこの一言を聞くまでは思っていたのと、この手のフェスティバルは大抵バンドの入れ替えというのがあるのでこればかりは主催者の采配次第かなとは思いますが、次へのさらなる期待を抱かされる大きな手応えを得たフェスティバルとなりました。

IMG 0688

 

 

 

<2. レコーディング@ポートランド>

21(日)の夜にオーシャンショアを出発して再びポートランドへ。

慣れ親しんだMikeとNancyの家に今回も滞在。

IMG 0995

 

Nancyは豊田が3年前に単身でポートランドに初めて来て、地元のセッションに参加した時に最初に出会ったミュージシャンの一人。

素晴らしいギタリストであり、シンガー。

O’Jizoの『Via Portland』のゲストシンガーは彼女。

旦那さんのMikeはレコーディングエンジニアで、モンスタークラスのジャズギタリストであり、かつてはギター職人でもあったとんでもない人。

IMG 0727

ここでのレコーディングはO’Jizoで2回目。

豊田は昨年ソロアルバムを録っているので三年連続。

IMG 0706

前作『Via Portland』が長期にわたってつくり上げてきたセットを集大成的に録音したものであったのに対し、今回は短期間で一気に9セットつくりあげるという対照的なスタンス。

しかもオリジナルが多かった前作に対し、今回はトラッド中心。

新曲のつくりこみは前週のフェスティバル中に毎朝リハをしては本番のステージで試し、改良を重ねて、日に日にセット数も追加していくという方法を取りました。

 

今回フェスティバル中の滞在がホテルではなく、コンドミニアムのような一軒家であったことがすごくプラスに働きました。

8A5CC9E2 C308 4B87 9847 30F490A4C6CA

誰にも気兼ねせずに心ゆくまでリハーサルできる最高の環境だったのです。

IMG 0891

この集中的な合宿感は今までにO’Jizoにはあまりなく、個人的にもとてもスリリングで面白い経験となりました。

 

新しいアルバムは現在次のミックスの段階に入っています。

リリースを楽しみにしていて下さい。

 

このレコーディング中にはレジェンド、フィドル奏者のケビン・バーク氏がレコーディングスタジオに遊びに来てくれるという驚きの出来事もありました。

IMG 0936

 

 

<3. Hawaii>

そして、今回もう一つの焦点となったのがハワイ!ホノルル!

豊田にとっては人生初ハワイでした!

IMG 0970

Galway Bayのフェスティバルには7年程前からホノルルの方々が10~20人位来ていて、昨年知り合って仲良くなり、その縁で今年は帰る途中にハワイに寄っていくことになったのです。

 

日本よりも5℃以上寒いポートランドからハワイにやってきた時のリゾート感は一入で、この旅の中でも一際テンションが上がりました。

着いたその日の夜は滞在先のDavidとLindaの家でウェルカムパーティ。

IMG 0975

地元の方々と交流しました。

 

翌日曜日と月曜日は、4軒のアイリッシュパブを経営するBillさんのパブのうち2軒で演奏。

 

IMG 1018

IMG 1021

IMG 1053

続きを読む O’Jizo旅行記 アメリカツアー2018

「Internal Circulation ー呼吸の巴ー」発売開始!

ソロアルバム「Internal Circulation ー呼吸の巴ー」本日発売となりました!

死ぬまでにやりたいことリストのうちの一つにチェックが入りました。

多分イベントの時には大抵持ち歩いてますので、お声をおかけ下さい。

あるいはこちらでもお買い求め頂けます。

AmazonやiTunes等でもお買い求め頂けます。

また、東京でのレコ発ライヴも1ヶ月を切りました。

4/8(日)19:00から@ティアラこうとう、小ホールです。

こちらは前半をギター久保慧祐君と二人で、後半はフィドルのマイキー・オシェイと、ボーカルに妻の豊田まりを迎えてお届け致します。

日本で一般公開されるものでの夫婦共演は実はほぼ初めてです。

小ホールとは言え席数が140席もありまして、僕にとっては悲鳴をあげたくなる位のハードルの高さになります。

今ようやく1/3埋まったばかりです。

皆さま、どうかお友達を連れて聴きにいらして下さい。

宜しくお願いします!

アトリエオンラインレコーディング→民族音楽講座

昨日はアトリエオンラインというスマホゲームの録音でした。

3時間で14曲…は終わらず、12曲!
それでも新記録かも。
また次回続きと共にさらに何曲か録音させて頂く模様です。

作曲はACEのお二方。
作風の幅が広くて素晴らしい!
ハードルは高いけど吹いてて楽しい曲ばかりでした。

自分の後は藤野由佳さんのカッコイイアコーディオン!

今日は地元大久保公民館で民族音楽講座シリーズの「アイルランド音楽」の回を担当しました。

3時間、合間に演奏も織り交ぜながら、機関銃のように喋り続けました(笑)
楽器紹介の実演はホイッスル、フルート、アコーディオン、パイプ、バンジョー、ブズーキ、ギター、バウロンを一人で片っ端から(笑)

昨日今日で今月の一番重い仕事をやりきった感じなので、あとは溜まった通常業務を取り返すようにやらなければ!

ソロアルバム!

確定申告!

今日はもういい加減疲れたけど、この後自由が丘でPaddy Fieldのライヴです。

今後のライヴ予定
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
2/20(火)
アイリッシュ・ミュージック・セッション@Almanac House(市川)
20:00~23:00
w/ 武田 良平(Bouzouki & Vocal)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
2/22(木)20:00~夜り道倶楽部 『アイリッシュナイト』(Dervish Tribute Night!)@蔵前4273
w/ 大木利郎(フィドル)、武田良平(ブズーキ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
2/24(土)昼 Session Labo@The Old Rock
夜 アイリッシュ音楽セッション@The Old Rock w/大木利郎(フィドル)、 高橋創(ギター)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
3/12(月)~14(水)
Intercollegiate Celtic Festival
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
4/8(日)夜 レコ発ライヴ@ティアラこうとう 小ホール

Soloアルバム「Internal Circulation ー呼吸の巴ー」リリース決定!

念願であったソロアルバムの発売が決定しました。
ついに情報解禁です。

昨年10~11月にアメリカのポートランドでレコーディングしました。
フルートとギターの二本だけのシンプルなアルバムです。
フルートは通常のD管ではなく、全編を通してE flat管を、多重録音のハーモニーにはB flat管を使っています。
ギターは久保慧祐さん。

ちょっと変わったコンセプトになっています。
なんと頭から終わりまでトラックが変わっても音が途切れずに続いていきます。
全体で二部構成になっていて、全体リピート機能を使うとCDが1周終わってもほぼそのまま頭につながります。
つまりエンドレスで円環する、そういうつくりになっています。

アイリッシュ音楽は基本同じ曲を何回も繰り返して演奏していきますが、このリピートが中心の発想は、クラシック音楽を中心とする西洋音楽がA→Bという風に直線的なのに対し、どちらかと言うと循環や円環を基とする東洋の発想に近いなと思うことがよくありまして。
それを形にしてみました。
演奏自体も自分の目指すライフスタイルと呼応するように可能な限りミニマルにしてあります。

笛を吹くのは勿論、そもそもの生命活動の根幹となる呼吸。
自分の中の内なる循環とその探求。
そういう意味を込めて
「Internal Circulation ー呼吸の巴ー」
と名付けました。

詳細はこちら。
http://www.metacompany.jp/nippon_irish.html
試聴もご予約もできます。

発売は3/11(日)!

まだ変更はありますが、ジャケットはこんな感じになりそうです。
イラストは芸大テニス部の先輩、金丸悠児さんにお願いしました。
彼の独特の温かい絵が好きで、今回の内側につくりこんでいく感じと合うような気がしてダメ元でお願いしたところ、お忙しいところを調整してお引き受け下さいました。
今回の嬉しいコラボです。

東京でのレコ発ライヴは4/8(日)夜@ティアラこうとう小ホールです!

これを実際生で演奏するのは気が遠くなる程大変なのですが、
丁寧に準備を重ねて思い描く空間と時間を創りたいと思います。

是非体感しにいらして下さい。

2017年個人的10大ニュース

2017年個人的10大ニュース

10.新しいアコーディオンを手に入れる。
3月にBertrand Gaillardのアコーディオンを3年半待った末に手に入れたために、アコーディオン熱に火が付き、アコーディオンを弾きまくる年になりました。

9.麻里との共演
シンガーである妻、麻里との共演をちゃんとやったのは今年が初めて。いくつかあった機会の中にはO’Jizoやダンサーさん達と共に大きなコンサートホールでというものまでありました。

8.たくさんのレコーディング
今年もたくさんのレコーディングの仕事を頂きました。いつもわくわくする瞬間の一つ。

7.Toyota Ceili Band 1stアルバム「Gathering Cloud」リリース
1月の頭にレコーディングをして4月にリリース。タワレコでレコ発インストアライヴも行いました。

6.O’Jizoアメリカツアー
10〜11月に行ったツアー、昨年に引き続き2回目の参加となるGalway Bay Irish Music Festivalで熱狂的な歓迎を受け、ロサンゼルスでもコンサートを行いました。

5.O’Jizo伊勢神宮奉納演奏
3月の頭にセントパトリックスデーの一環で奉納演奏しました。

4.O’Jizo 2ndアルバム「Via Portland」リリース
昨年アメリカはオレゴン州ポートランドでレコーディングし、3月にリリース。レコ発ツアーで各地を回ると共に、雑誌やラジオなどメディアへの露出も重なりました。

3.「題名のない音楽会」出演
11月のミュージカルの会、12月のケルト音楽特集の会と二回に渡り出演。特に12月は30分丸々大々的に取り上げて頂きました。
また、10月にはNHKのドラマ「山女日記」にもミュージシャン役として出演しました。


2.The Chieftains、Matt Molloyと共演
アイルランドの国宝級バンドの来日公演に出演。とりわけフルートの神様Matt Molloyとの共演は豊田の人生にとってかなり大きなできごとでした。

1.ソロアルバムレコーディング
10〜11月のアメリカツアーの際にO’Jizoの他のメンバーより一足先にポートランドに行き、ソロアルバムをレコーディングしました。来春リリース予定で現在精力的に準備を進めております。

振り返ると同じ年なのかと驚く位濃い一年。

そして、何か自分でコントロールできない大きな流れがやってきて、それに身を任せるうちにこうなった、例年よりもずっと強くそう思わされた一年でもありました。

来年も今年以上に皆様に頼って生きて参りますのでどうぞよろしくお願いします(笑)

ではこれから年越し蕎麦と年越しセッションに行って参ります。

よいお年をお迎えください。

O’Jizoの新しいCDとライヴ予定

先日のサリヴァンズのライヴにお越し頂いた皆様、ありがとうございました!

ポートランドでのレコーディングはかなりいいものに仕上がってきています。

日本でのゲストの追加レコーディングも終わりました。

ミックスと並行してジャケットのデザインなどを決めていく段階です。

暖かくなる頃には皆様にお届けできるかと思います。

このアルバムに収録される数々の新曲を一足先にお聞きになりたい方はこちらへ是非どうぞ!

ここは音がとても良いです!
ご飯も美味しいです!

12/19(月)
O’Jizo Live @ビストロバーユーラシアン
Open 19:30
Start 20:00

O’Jizo
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
長尾 晃司(Guitar)
中村 大史(Accordion, Bouzouki)

ミュージックチャージ ¥2000

ビストロバーユーラシアン
東京都新宿区西落合3-1-1 2F
TEL/(03)3951-7033
都営大江戸線 落合南長崎駅 A-1出口より徒歩1分

ご予約は
ozok@me.com
まで。

facebookイベント

Apple Store 表参道トークライヴ

急なんですが、この度表参道のApple Storeでまさかのトークライブをやることになりました。

https://concierge.apple.com/events/R224/omotesando_r224_0319/6113996176213050632/ja_JP
いよいよ明日夜です。
このために6人分多重録音しました。
全部俺もとい全部しゅうぞうバンド、初公開です。
入れないことはないみたいですが、一応予約をお願いします。

ゲームが出ました!

昨年末、レコーディングに参加したゲームが先日リリースされました。
2曲だけなのですが、エンドレスで流れます(笑)

しかもアジトとそのパブの音楽なので頻度が高いのです。

多分スマホをお持ちの方にとっては、豊田の音をタダでエンドレスで聴ける最もお手軽な方法かもしれません。

アプリ自体は無料ですので是非ご一聴を。
「戦の海賊」セガゲームス

http://sen-no-kaizoku.sega-net.com/
最近iPhone内断捨離でゲームの大半を捨てたのですが、その直後にこのアプリがやってきて、流石にやってみないわけには行かず、今ものさばってます(笑)

渡米前レコーディング

アメリカに行く前の話になります。なぜか日本を出る前にはえらく大変なレコーディングの仕事が入るのが定番化(昨年は例の水樹奈々さんの)。

同じ大学の作曲家、松岡美弥子ちゃんの劇伴(確かゲームだったような)のレコーディングに参加してきました。

話が来たのも6日前、譜面が来たのは前夜、追加の譜面は夜中と朝(笑)

全部で15曲位あったかしら。

#や♭が5〜6なんてのもいくつかありました。

使った笛は

Whistle E, E♭, D, C#, C, B♭, F

Flute E♭, D, C

合間を縫ってだったので3時間で詰め込み。

最初にデモ音源聴いた瞬間に詰んだな…って思いながら、直前過ぎてさらうこともできず、こんなヤバい現場がかつてあったであろうかと思いながら向かいました。
まぁ相談しながらあれこれ調整し、なんだかんだ形になって終わる時が来るとは始まる前には想像もつきませんでしたが、無事(?)終わりました。

曲はとても良かったので、何とか形にする手伝いをしたいなと。

とりあえず何とか少しでもお役に立てて良かったです。

ゲームはどんなのができあがるのでしょうかねぇ。