「Recording」カテゴリーアーカイブ

怒濤の3月

今月は主にセントパトリックスデー関連でぎちぎちの日程で、怒濤の勢いで日々が過ぎ去っています。

ちょっとさかのぼってみましょ。 

21(金)立川  4人での演奏でした。お店側がダブルブッキングしてくれてひどいことになっていたにも関わらず、お客さんは温かい人達で一杯でした。 かなり盛り上がりました。ありがとうございます。

20(木)目黒  新しくできたSeamus O'haraという目黒のパブでセッションライヴ。元町の5人のメンバー+京都からフルートのkumamo-さんが参加。かなりいいセッションで、奥まったところでやっていたにも関わらず、お客さんが帰り際わざわざ声をかけていって下さったり。次回は4/24(木)。いいパブですので皆さんぜひどうぞ。ホントにアイルランドっぽいです。

19(水)上野  オールナイトセッションでした。朝5時まで演奏。

18(火)芸大  Voice Spaceが5月の中国公演に向けて始動。新曲ばんばん。

16(日)原宿  朝はイベント会場でダンサーの伴奏、昼はパレード、夜は渋谷でパディ・フィールド。

14(金)自由が丘  Irish Pub Clannでパディ・フィールドでした。

12(水)銀座  E♭セッションライヴ。近くにいた外国人のおじいさんがえらい喜んで下さり、帰り際「Congratulaion!」と叫んでものすごい力で握手してきました。この言葉はそういう使い方もできるんですか?

11(火)有楽町  国際フォーラムでHair Coloring Splashという巨大なヘアーカラーのイベントの音楽の仕事をしました。これが半月に渡ってまぁ大変だった大変だった。肩の荷下りました。

8(土)横浜  元町のパレードでした。ベニーズプレイスというパブで行われたアフターパレードパーティはJizo+Fiddle内藤希花、Bouzouki&Accorion中村大史、Bodhran本岡トシというJizo史上最強の布陣で、持ち込みの体育館クラスの巨大PAのお陰もあってえらい盛り上がりました。その後武蔵小杉のパブマッキャンズに移動し、打ち上げセッション。遅かったため自分が参加した時はもう5人くらいだったのですが、セッションという奴はそれくらいの人数が最もコミュニケーションが取りやすく面白いんですな、お客さんが顔色変えて聴き始めて下さって、帰り際もセッションなのにアンコールが出てました。

4(火)調布  アイリッシュパブケニーズでJizo+中村の男三人のライヴ。ここのお客さんは本当によく音を聴いて下さって、嬉しい限りです。ここでしか成功しないであろう曲がいくつもあります。

 

とまぁいっぱいありました。来て下さった皆様ありがとうございます。

本番と本番の間はリハがぎちぎちでした。ですが、特にJizoのリハはコミュニケーションがとりやすく、もうひょっとすると本番以上に面白いんじゃないかということが多いので、これでお金まで頂いていいのかなと思ってしまうほどです(笑)

 動画は元町のアフターパレードパーティ。

 

 

 

 

画像は目黒のセッションライヴです。 

おめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

あと、もはやめでたくもありませんが、また一つ歳を取りました。

それから、ちょっと前になりますが、自分がレコーディングに参加したCDが発売されました。

これが不思議なレコーディングで、ふわーっとした雰囲気の曲で、楽譜は無くて、その場で即興で吹くんです。

最初はF管のロー・ホイッスル、続いてD管のアイリッシュ・フルートに持ち替えて、全部で7周位吹きましたかね。

そして、その中から使える部分をピックアップしてつなぐということで、自分自身はCD化されるまでどのような形になるかわからないというドキドキもののレコーディングでした。

最近になって初めて実際にできあがったものを聴いたのですが、正直びっくりしました。

これが自分の音かと思うくらいきれいにミックスされていて、ぶっちゃけかちんとくるほどでした(笑)
なんだか自分の力を完全に超えてしまっていて。

最近餅は餅屋という言葉がよく頭に浮かぶのですが、周りに色々な分野で本当に有能な方がいらっしゃって、今回のようなミックスの他にも、ウェブデザインと
かフライヤーデザインとかPAとか、写真とか、素人目にみてももう呆れるくらい圧倒的で、そうなるともうこの人達に任せた方が全然良いものができるなと。

話はCDに戻りますが、このCDは「にほんのうた」というコンピレーションアルバムで昔から知られている有名な日本の曲を、一曲ずつ違う歌手が歌うというもの。

面白いのでぜひ聴いてみて下さい。

詳細はこちら

あ、ちなみに自分が参加したのは「小さい秋みつけた」で、歌い手は中谷美紀さん、プロデューサーは坂本龍一さんという方です。

ドラマのレコーディング

書く時間が無くて困っています。

ブログが現実に追いついてません…。

ちょっと一回あたりの量を減らしてさっぱりと書いた方がいいんですかね。

 

13(水)の話から。

この日はフォークの神様、小室等さんから頂いたお仕事で、ドラマの音楽のレコーディングに行ってきました。

 
「月の光」という長崎テレビが制作しているドラマの音楽を小室さんが手がけてらっしゃって、笛を吹いてきました。

E♭管のローホイッスルを。

 

大体この手のレコーディングは可能性のある笛をありったけ持って行って、片っ端から吹いていって、じゃこの笛でという感じになります(故に、その場で楽譜を目で移調して読んでと 結構複雑なことをします)。

 

今回はGrinterのE♭のフルート、OlwellのE♭のフルート、Kerry ProのE♭のローホイッスル、Michael BurkeのE♭のティン・ホイッスルの4本からローホイッスルが選ばれました。

 

レコーディングは複数のミュージシャンがせいので一発録り。

自分の他にはギター&月琴、ギター&フィドル、ピアノ&シンセ、そして、小室さんのギターといった面々でした。

ほとんどは小室さんと同世代という感じのベテランの方々ばかり。

実はこういう時、一発録りはすごくありがたいのです。 

先に録られているところに後からというパターンの場合、既に録音されているものに合わせるということになり、生でその場で演奏されているよりニュアンスがわかりにくいのです。

それが、目の前で一緒に演奏して下さると、不思議なもので、色々なものが伝わってきて、最初楽譜を見ただけでは全然イメージが湧かなかったのが、その場で次から次へ刺激をもらってあっという間にイメージがふくらんで音が具現化していくのです。

これほど刺激的で、楽しく、勉強になる機会はそうはありません。

 

また、 小室さんは、最初に一回し通した後に、大体こんな感じというイメージを伝えて下さるのですが、その一言で音ががらりと変わってきます。

一人一人がその言葉から受ける印象を具現化していくと、それが相互作用して、あっという間に強固な音楽世界ができあがるのでした。

 

同じテーマで違うアレンジのものをいくつか録ったのですが、最後にギターの方と二人だけでやった曲について、小室さんから「なんか、こう仕事帰りに一杯引っかけて、そして、楽器をたしなむような雰囲気で」という注文が来ました。

これが二人だけということもあって、いい具合にできたのですが、レコーディング、ライヴいずれに関しても、しっかり張って、一音も逃さぬという密度で吹くのが今までの通常の姿勢。

それに対して「何となくぼーっと疲れたような感じで」というような表現は、今回が初めてで、こんな表現もありなんだなぁと考えさせられました。

また、いい意味で年取ったからこそできる表現でもあるかなと(笑)

 

ドラマは九州で売れると全国放映になるそうです。

その時はどうぞ。

レコーディング

昨日、とあるレコーディングに行ってきました。

まだ詳細は公表できないのですが、関わる人がみんな大ものばかり。

譜面は何もなくて、音源にも吹くべき音はなくて、ただただ即興でつらつらと。

 

不思議な世界で、水割りな気分でした。

公表OKが出たらお知らせしますね。