カテゴリー別アーカイブ: Session

お知らせと11月の予定

なかなか更新できず、すみません。

情報を書き加えました(10/29)。

さらに追加しました(10/30)。 

 

まずお知らせをいくつか。

 10/29(月)の自由が丘のライヴ、ディナーショー形式ではなくなり、エントランスフィー¥500になりました。

ただし、¥3000(前売り予約は¥2700)でディナーが選択でき、その場合はエントランスフィーが無料になります。

お気軽にお楽しみ頂けるようになりましたので、お誘い合わせの上、遊びにいらして下さい。

当日は演奏者もハロウィンの仮装をさせられるという噂があります…。

 

お知らせ二つ目。

半年間続いてきた海の仕事が11月頭で終わります。

詳細は公表できないので直接お問い合わせ下さい。

 

お知らせ三つ目。

明日の恵比寿のライヴは最近手に入った新しいE♭のフルートをメインに使います。

後ほど詳しくご紹介しますが、8キー付きの綺麗な音のフルートです。

全て半音上げでやるライヴは今回が二回目。

アイリッシュの有名なバンド、プレイヤーには、この半音上げでやっている人達が結構いて、個人的には独特の高いテンションがかなり好きなのですが、簡単に対応できる楽器とそうでない楽器がある都合上、笛一本のどソロでしか今のところ実現していません。

今回やる曲はセッションチューンが中心ですが大分雰囲気が変わりますのでぜひどうぞ。

 

さて、ここからは11月の予定。

—————————————————————————————

11/6(火)

Jizo
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
長尾 晃司(Guitar)

+ゲスト 内藤希花(Fiddle) 

Irish Pub ケニーズ@調布

20:00〜

ミュージックチャージフリー 

 

————————————————————————————–

11/14(水)

Jizo
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
長尾 晃司(Guitar)

+ゲスト 内藤希花(Fiddle)、三浦陽一(Accordion) 

@筑波(詳細未定)

 

————————————————————————————–

11/20(火)

アイリッシュミュージックセッション

Almanac House@市川
20:00〜

※普通のアイリッシュ・パブと違ってドリンク単価が安い分、ミュージシャンもテーブルチャージ¥300+参加費¥500、計¥800のチャージがかかります。

 

————————————————————————————–

 11/22(木)

 Jizo
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
長尾 晃司(Guitar)

Irish Pub O'Carolan's@自由が丘

20:00~ 

ミュージックチャージ ¥500

————————————————————————————–

11/23(金・祝日)

Paddy Field
Jim Ediger (fid, acc)
Paul Gilson (guit)
Scott Van Dusen (mando)
Barry Phillips (bod)
Kaoru Nakajima (fid)
Kozo Toyota (fl, whis)

Irish Pub Clann@自由が丘

20:00〜

ミュージックチャージフリー

 

————————————————————————————–

11/24(土)

Jizo
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
長尾 晃司(Guitar)

+長浜武明(Bodhran)

Irish Pub Wishing Well@六本木

19:00~ 

ミュージックチャージフリー

 

————————————————————————————–

11/28(水)

Paddy Field
Jim Ediger (fid, acc)
Paul Gilson (guit)
Scott Van Dusen (mando)
Barry Phillips (bod)
Kaoru Nakajima (fid)
Kozo Toyota (fl, whis)

Irish Pub 渋谷ダブリナーズ

20:00〜

ミュージックチャージフリー

 

————————————————————————————–

とりあえずが以上ですが、もう若干増えるかもしれません。

よろしくお願いします。

Liveレポートと10月のLive

またまた遅くなってしまって申し訳ありません。

PCにゆっくりさわれる時間がなかなか取れずにいます。

 

まずは終わった分について。 

10/2(火)の調布、9/29(土)の船橋、27(木)の市川、26(水)、19(水)の自由が丘に来て下さった皆様、ありがとうございました。

 

特に市川はKettle of Celtとのジョイントライヴで、非常に刺激的でした。

Jizo(フルート、ギター、フィドル、アコーディオン)とKettle of Celt(フィドル、ブズーキ、バウロン)は楽器編成の相性が良く、最後にあった合同演奏は色々なことを試せる絶好の機会だったのです。

曲の切り替えで旋律も伴奏も総入れ替えしてみたり、ソロ回しをチーフテンズ形式でやってみたり、撥弦楽器対決をやってみたりと、普段市川のセッションでやっている実験的なことをいくつか試してみました。

下はその様子の一部。 

 

 Kさんのご提供です。ありがとうございました。

船橋のディナーショーは、初めて来て下さったにもかかわらず、非常に熱心に聴いて下さる温かいお客さんばかりで、これまでのライヴの中でも指折りという位いい雰囲気の中演奏させて頂きました。

 

 

さて、10月のLiveスケジュールです。

 

10/8(月・祝)

VOICE SPACE 

 朗読劇 子守唄よ
―中原中也をめぐる声と音楽のファンタジー―
母親はひと晩ぢう、子守唄をうたふ
淋しい人の世の中に、それを聴くのは誰だらう?

出演:小口ゆい VOICE SPACE
監督:佐々木幹郎
脚本・音楽・映像:VOICE SPACE

【公開リハーサル・イン・山口】
日時:2007年10月8日(月・祝) 開演15:00 (開場14:30)
場所:山口情報芸術センター
料金:2000(全席自由)
主催:中原中也生誕百年記念事業実行委員会
問い合わせ:中原中也記念館
チケット取扱:(山口)山口市市民会館、山口情報芸術センター、三好屋レコード店
(防府)アスピラート、(周南)周南市文化会館
ローソンチケット
※ワークショップ:10月7日(日)13:00~15:00  

 

山口です。飛行機で一時間です。あっという間です。ぜひどうぞ。

 

---------------------------------------- 

10/13(土)

art-Link 上野-谷中 2007

Jizo
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
長尾 晃司(Guitar)

17:00 Start (30分程度)

アトリエ アラン ウエスト 

 

 日本画の屏風を書かれるアラン・ウェストさんのガラス張りのアトリエで演奏します。裏のお寺で鳴る5時の鐘の音と共にスタート。フルートとギターだけのシンプルなライヴです。

 

---------------------------------------- 

10/13(土)

Irish Pub CLANN@自由が丘

20:00~

Paddy Field
Jim Ediger (fid, acc)
Paul Gilson (guit)
Scott Van Dusen (mando)
Barry Phillips (bod)
Kaoru Nakajima (fid)
Kozo Toyota (fl, whis)

ミュージックチャージフリー 

 

同じ日でした。書きながら随分無茶なはしごだなと気付きました。

 

 --------------------------------------

10/16(水)

ALMANAC HOUSE@市川
オープンセッション
20:00~
※普通のアイリッシュ・パブと違ってドリンク単価が安い分、ミュージシャンもテーブルチャージ¥300+参加費¥500、計¥800のチャージがかかります。

 

ついでにセッションも。 今のところ少人数でまったりと、しかし、とても濃い良いセッションです。 

 

 

 --------------------------------------

10/20(土)

Toss the Flowers

染村和代(Accordion, Vocal)

大渕愛子(Fiddle)

武田良平(Bouzouki, Vocal)

島地泰史(Bodhran)

豊田耕三(Irish Flute&Whistles)

19:30~ 

銀座ロッキートップ

 

不思議なメンバーでやります。対バンはブルーグラスです。 

 

----------------------------------------

10/21(日)

VOICE SPACE 

朗読劇 子守唄よ
―中原中也をめぐる声と音楽のファンタジー―
母親はひと晩ぢう、子守唄をうたふ
淋しい人の世の中に、それを聴くのは誰だらう?

出演:小口ゆい VOICE SPACE
監督:佐々木幹郎
脚本・音楽・映像:VOICE SPACE 

 【東京公演】
日時:2007年10月21日(日)
昼の部 開演14:30 (開場14:00)
夜の部 開演18:30 (開場18:00)
場所:サントリーホール 小ホール
料金:4500
主催:中原中也生誕百年記念事業東京実行委員会
共催:中原中也の会
協賛:角川学芸出版
お問い合わせ:岩神六平事務所
ゆいまーる舎
VOICE SPACE(←のメールフォームで受け付けています)
チケット取扱:チケットぴあ(Pコード378-175)、e+

 

山口に残念ながら行けない方、東京でも昼夜二公演です。

学生券(¥2500)あります。 ご希望者はメールフォームからご連絡下さい。

 

--------------------------------------

10/24(水)

渋谷ダブリナーズ

20:00~

Paddy Field
Jim Ediger (fid, acc)
Paul Gilson (guit)
Scott Van Dusen (mando)
Barry Phillips (bod)
Kaoru Nakajima (fid)
Kozo Toyota (fl, whis)

ミュージックチャージフリー


-------------------------------------

 10/28 (日)

恵比寿Inishmore

 

豊田耕三(Irish Flute&Whistles)

深江健一(Guitar) 


渋谷区恵比寿3-14-7 1F/B1F
TEL:03-5791-3824 FAX:03-5791-3826
Start: 19:00頃より30分×3ステージ
Charge: Free

 

------------------------------------

10/29(月)

IRISH PUB O'Carolan's@自由が丘
20:00~
Jizo
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
長尾 晃司(Guitar)
+ゲスト 内藤希花(Fiddle)
※ディナーショー形式。食事付き

ライヴ、セッション、変更等

いくつか告知しなければならなかったことがあったのになかなかPCに触れず、遅くなってしまいました。

申し訳ありません。

 

まず、セッションのお知らせ。

今日です(笑)

9/18(火)
ALMANAC HOUSE@市川
オープンセッション
20:00~
※普通のアイリッシュ・パブと違ってドリンク単価が安い分、ミュージシャンもテーブルチャージ¥300+参加費¥500、計¥800のチャージがかかります。
 今のところ少人数でまったりと、しかし、とても濃い良いセッションです。 

 

 

続いてライヴのお知らせの詳細。

こちらは明日です(笑)

ディナーショー形式の値段がわかりました。

¥1500だそうです。

プロモーション期間ということで少し安くなっています。

オキャロランは料理がおいしいことでも定評があります。

今のうちにぜひ。

9/19(水)

IRISH PUB O'Carolan's@自由が丘
20:00~
Jizo
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
長尾 晃司(Guitar)
+ゲスト 内藤希花(Fiddle)
※ディナーショー形式。食事付き¥1500

 

 

 そして、もう一つ、ライヴの変更のお知らせ。

9/26(水)はPaddy Field ライヴ@渋谷ダブリナーズとなっていましたが、

この日も自由が丘のアイリッシュ・パブ オキャロランでライヴになりました。

先月に続いてパックン・マックンの30分のライヴの前後に演奏します。

9/26(水)
IRISH PUB O'Carolan's@自由が丘
1st : 20:00~21:00    2nd : 22:30~23:30
Jizo
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
長尾 晃司(Guitar)
+ゲスト 内藤希花(Fiddle)
ミュージックチャージフリー
1stと2ndの間にかの有名なお笑いコンビ、パックンマックンのライヴがあります。 

 

 

この他に9/27(木)Almanac  House@市川でのジョイントライヴ、9/29(土)プレシャス船橋 ブッフェレストラン「チャートハウス」@三井ガーデンホテル船橋ららぽーと内のディナーショーライヴと今月は盛りだくさんです。

このうちいくつかにアコーディオンの三浦さんがゲスト参加されます(市川は確実で、他は未定)。

ぜひ、お気軽に遊びにいらして下さい。

あれこれ

風邪はどうも冷房病だった模様。

連日35℃を超える炎天下で演奏しては冷房の効いた楽屋に入ることを繰り返した結果のようです。

例の仕事、過酷です。

 

 先週はその他合間を縫って色々ありました。

渋谷のセッション、武蔵小杉のセッションに参加。

10月の谷中アートリンクでの演奏の打ち合わせ。アラン・ウェストさんという日本画の屏風を書かれる素敵なイギリス人の方にお会いしました。谷中にある彼のアトリエも素敵でした。演奏は10/13の予定。

 

今週末は去年から村人が次々アイリッシュを始めるという信じがたいことが起こっている嬬恋村へ。 これはVOICE SPACEの合宿という枠組みで行くもので、詩人の佐々木幹郎さんの山小屋に滞在予定。

 

火曜日の詳細も出ました。 

8月21日(火)六本木アークヒルズ
アーク森ビル
港区赤坂1丁目12番32号

時間:12:00~13:00 ※終了時間は公演により多少前後します
料金:無料 ※荒天の際は中止の場合もあります
お問合せ:03-6406-6663 森ビル(株)ビル店舗運営室

アーク・カラヤン広場でのランチタイムコンサートで、中藤有花さん(フィドル)、
深江健一さん(ギター)とのユニットで演奏します。

 

その日の夜は市川はアルマナック・ハウスでセッション。 

 7/21(火)
ALMANAC HOUSE@市川
オープンセッション
20:00~
※普通のアイリッシュ・パブと違ってドリンク単価が安い分、ミュージシャンもテーブルチャージ¥300+参加費¥500、計¥800のチャージがかかります。
 今のところ少人数でまったりと、しかし、とても濃い良いセッションです。

 

今年の夏は本当にお盆も何にもないくらい休みが無いようです。

忙しいうちが花なのでしょうけれど。

 

そんな忙しい今日この頃ですが、今はと戦争中です。

市川セッションレポート

昨夜市川のアルマナック・ハウスで、毎月定例のセッションがありました。

フルート、フィドル、ボタン・アコーディオン、ブズーキ、ギター、バウロン各一人ずつという非常にバランスのいい組み合わせで、近年稀に見る密度の高い、良いセッションでした。

 次回は8/21(水)。

また、9月にはこのアルマナック・ハウスでライヴもやることになりそうです。

詳しくは追ってお知らせ致します。

 

 

 

…写真を撮るのを忘れました。

7月のセッション

7/17(火)
ALMANAC HOUSE@市川
オープンセッション
20:00~
※普通のアイリッシュ・パブと違ってドリンク単価が安い分、ミュージシャンもテーブルチャージ¥300+参加費¥500、計¥800のチャージがかかります。

 

 今のところ少人数でまったりと、しかし、とても濃い良いセッションです。

6月のセッション

6/19(火)
ALMANAC HOUSE@市川
オープンセッション
20:00~
※普通のアイリッシュ・パブと違ってドリンク単価が安い分、ミュージシャンもテーブルチャージ¥300+参加費¥500、計¥800のチャージがかかります。