O'Jizo

どれくすきっぷ

昨夜のDrakskipはとてもよかった。

日本国内の、それも同世代の若手の演奏を聴いてあんなにゾクゾクするような気分を味わえたのは初めてです。

彼らは去年とは見違えるほど上達していて、しかもまだまだ伸びしろがありそうで。

ああいう音を研ぎ澄ませていく発想の、静かなギター、静かなパーカッションは本当にたまらなく好きですね。

 

 Waits、Drakskip、O'Jizo。

やっと同世代で同レベルの若手バンドが何の気兼ねもなくぶつかり合えるようなイベントができる、そういう時代になってきたのだなと。

楽屋には若者ばかりがあふれ、開演前の食事や終演後の一時、バンドの枠を超えて戯れる。

今までに味わったことがない幸せな瞬間でした。

また是非。

 

あ、彼らは無事帰れたのかな?

レンタカーで事故ってたり、高速¥1000のせいで大渋滞に巻き込まれたり、強行日程で疲れ切った状態で夜通し運転したりで危険きわまりないので。

 

 

さて明日からいよいよアイルランドです。

8/11~28まで。

行きも帰りもイスタンブールでトランジット1泊のおまけ付き。

メインはフラー・キョール。

コンペティションの審査は間に合うのかしら。

まぁ間に合わなかったら間に合わなかったで来年受ける運命だったと考えればいい話。

とりあえず楽しんで参ります。

 

この期間、ご連絡はPCのアドレスへ。