BLOG未分類

ゴールウェイという街

たまには真面目な話もしてみようか。
ゴールウェイという街について。
ゴールウェイという街はとても面白い。
自分がこれまで見たどの都市とも雰囲気が違う。
まず、街並みが美しい。
中心部は石畳で、古くからありそうな雰囲気の良い店が建ち並ぶ。
通りではストリートミュージシャンやストリートパフォーマーが入れ替わり立ち替わり。
トラディショナルだけでなく、ジャンルも様々。
ミュージシャンもパフォーマーも必ずしもレベルが高い訳ではないけれど、街が彼らを育てようとする雰囲気がある。
建ち並ぶ店々の3分の1位はパブじゃなかろうか。
観光シーズンということもあるが、昼間から夜までにぎわいが途絶えない。
セッションについては別の機会に書くとして、このパブに関して、今まで見たことがない特徴を一つ見付けた。
夜になると片耳にイヤホンのようなものをした、真っ黒のベンチコートのようなものを着た人達が各パブの扉の前に一人ずつ立つ。
どうも警備のようだ。
彼らは常に周辺に目を光らせていて、時々グラスを下げたり、店の前の椅子を整えたり、雨が降れば張り出しの屋根を張ったりする。
未成年者風の人が入ろうとすると年齢確認をしたりもする。
自治体が出しているのか、店々が共同で出しているのか、私設なのかはわからない。
とにかくパブというパブの前に彼らはいるのだ。
(後にこの警備はピークシーズンだけということが判明し)
ゴールウェイという街はゴールウェイ大学を擁する大学都市で、若者が多く、活気に溢れている。
5分の1は大学生という話だ。
しかし、リムリックやダブリンなんかと比べてずっと治安が良い感じがする。
建物の高さが低く、道が比較的広いせいか、死角となるような暗い通りがあまり無いように思う。
そして、通りにゴミが少ない。
ゴミが少ないことは治安の良さの絶対条件であるということは、ニューヨークの治安の回復の例を見てもはっきりしているようだが、先に述べた警備員の話も含め、ゴールウェイという街は、街自体が治安維持に努めているように思える。
そのことと若者のもつ活気とが実に良いバランスで、そこからこの街特有の明るさが生まれている、そんな印象を受けた。