未分類

アイルランド大使館

月曜日の夜、アイルランド大使館に行ってきました。
アイルランドからガブリエル・ローゼンシュトックさんという詩人が来日して、詩の朗読会が開かれたのです。
その中盤でアイリッシュ・フルートを吹いてくれと言われまして。
しかも、滝廉太郎の「荒城の月」と、アイリッシュの曲を1セットというご要望。

いざ演奏する段階になってみると、「荒城の月」って英語でなんて説明したらいいかがわかりません。
慌てました。
詩の翻訳をされた方が助け船を出してくれましたが。

会場に詩の関係者以上に多かったのが、アイルランド語を習っている人達。
こんなにいるのかと驚きました。
もう今度から読めない曲名を教えて下さいという感じです。

もう一つ驚いたことがありました。
アイルランド大使夫妻がいらしていたのですが、奥さんから声をかけられまして、あなたの演奏をアイルランドの国営ラジオRTEで聴いたとおっしゃるのです。
確かに何度となくラジオやらテレビやら収録されています。
ですが、自分では一度も聴いたことがないですし、本当に使われているのかなぁ位に思っていました。
フェスティバルなんかだと、確かにラジオで君の演奏を聴いたよとよく言われます。
それ位みなさんラジオをお聞きになるのか、たまたまなのかわかりませんが、今回も何とも不思議な出会いでした。