未分類

3.11チャリティー・コンサート ケルト神話の朗読劇と音楽

最近大学のクラシックの同期と関わることが多くなってきて面白いことになってきています。

まずはハープ科の同期と。

ケルト神話の朗読劇を題材にした面白いコンサートです。

3月11日ということで、売り上げの一部を復興支援のために寄付するそうです。

宜しくお願いします。

3.11チャリティー・コンサート
「リールのこどもたち」
2013年3月11日(月)
Door Open 18:00,Show Start 19:30
白鳥に姿を変えられた4兄妹のお話「リールのこどもたち」の世界を、5台のハープとテノール、アイリッシュフルートで紡ぐケルト神話の世界に浸る一夜 。
古代ケルトにルーツをもち世界最古の楽器のひとつ、ハープ。その音は規則的な波形をもち、もっとも安らぐ音といわれています。
都会の夜はゆったりと、たおやかな音楽に身をゆだねて、クラシックとアイルランド音楽を存分にお楽しみください。朗読には、舞台やCM•スペシャルドラマ「ブラックボード-第2夜-」などで活躍中の速水裕子、テノールは、伸びのある透明な歌声と肩の力の抜けたトークが大人気の 西澤慎伍、アイリッシュ・ユニットを主宰し、NHK連続テレビドラマ小説『ゲゲゲの女房』などに演奏参加しているフルート奏者豊田耕三、現在はヨーロッパと日本で活躍する幼なじみの岩城と村上が、ぴったりと 寄り添い息の合った演奏を披露します。
当公演は東日本大震災チャリティーとして、東北を応援しています。

岩城晶子・村上奈菜子(グランドハープ、アイリッシュハープ、サウルハープ)
西澤慎伍(Vo)
豊田耕三(アイリッシュ・フルート、ティン&ロー・ホィッスル)
速水裕子(朗読)

スイートベイジル
STB139
http://stb139.co.jp/
フレッシュなハーブを活かした本格料理、 ゆったりと大人がくつろげる、お洒落なライブレストラン

地下鉄日比谷線・大江戸線「六本木駅」下車3番出口を出て右方向に進み、アマンドの角を右折。芋洗い坂を約50m下った右手。
〒106-0032 東京都港区六本木6-7-11

charge:¥5,000(税込)
●予 約 コ ー ル:03-5474-0139