「Lesson」カテゴリーアーカイブ

1月以降のライヴやCD等のお知らせ

遅くなりましたが1月以降のライヴやCD等のお知らせです。

いよいよO’Jizo初のスタジオレコーディングアルバムのレコーディングが始まりました。
発売は4/10を予定しています。
ご期待下さい。

ライヴの方は1/17(月)マンダラ2のO’Jizoライヴ、27(木)の窪田ミナさんのライヴに加えて、シンガー・ソング・ライター干川博さんとのデュオ・ライヴが何回かあります。
シンガー・ソング・ライターとは思えないほど卓越したギターとセンスのあるオリジナル・ソングを迎えて、心にしみる静かなアイリッシュをお届けします。
干川博さんは4月に軽井沢に引っ越されてしまうため、次のチャンスがいつになるかわかりません。
お見逃し無く。

【O’Jizo Mandala2 Live】

音のいいライヴハウスでがっつり聞かせます。
対バンはバンドネオンのバンド。
1/17(月)
Open 18:30 Start 19:00
Mandala2
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目8?6 吉祥寺中央マンション B1F
0422-42-1579 ?
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
内藤 希花(Fiddle)
長尾 晃司(Guitar)
中村 大史(Accordion, Bouzouki)

対バン:バンドバンド
チャージ 2500 ドリンク別

【Duo Live with 干川博】

普段聴けない曲が盛りだくさん。
静かなアイリッシュをお楽しみ下さい。
限定15席!
ご予約は豊田まで、お早めに!

1月23日(日)
15:00~
Birdland Cafe @溝の口
http://www.birdland-cafe.com/
川崎市高津区溝口3-24-35

豊田耕三(Irish Flute&Whistles)
干川 博(Guitar&Vocal)

1stドリンク込みの2000円(予約/当日は2500円)

【mina kubota 2nd live – Dreamscape -】

「ゲゲゲの女房」でおなじみ、窪田ミナさんのライヴ第2弾が1/27に決定!
前回瞬く間にチケットが売り切れたライヴです。
チケットご購入はお早めに。

窪田ミナ2nd Live
2011年1月27日(木)
STB139スイートベイジル六本木
Open 18:00 Start 19:30
¥5,500 (税込、全席自由、整理番号付き)
出演者
窪田 ミナ [ Pf ]
杉野 裕 [ Vn ] 前田 善彦 [ Vc ] 豊田 耕三 [ Tin Whistle, Low Whistle, Irish Flute ]
中村 大史 [ G, Acc, Mandolin ] 竹下 欣伸 [ Bass ] 大石 真理恵 [ Per ] 宮良 牧子 [ Vo ]
http://www.pyxie-llc.com/minakubota/dreamscape/

【Trio 新宿 ライヴ】

若手シンガーソングライター、干川 博さんが再び登場。
彼のギターはギター専門のプレイヤーが舌を巻くほどの絶品です。
4月に軽井沢に引っ越してしまわれるため、彼の音が聴けるのはあとわずか。
1stステージはフルートとフィドルのみでしっぽりと。
2/3(木)
19:00~22:00
THE DUBLINERS’ IRISH PUB ダブリナーズ アイリッシュパブ 新宿店
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-28-9 新宿ライオン会館2F
アクセス: 新宿駅 徒歩3分
03-3352-6606
ミュージックチャージフリー(飲食代のみ)
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
内藤 希花(Fiddle)
干川 博(Guitar & Vocal)
http://www.dubliners.jp/shinjuku/index.html

【Paddy Field】

気ままな外国人バンド。
パブソングが聴きたければここ。

2/11(金)
アイリッシュ・パブ・クラン@自由が丘
http://www.clann-irishpub.com/
※日程が変更になっています!

Paddy Field
Paul Gilson (guit)
Scott Van Dusen (mando)
Kaoru Nakajima (fid)
Kozo Toyota (fl, whis)
ミュージック・チャージ・フリー

【O’Jizo Seamus O’hara Session Live】

毎月第4or5火曜日
20:00~23:00
アイリッシュ・パブ シェイマス・オハラ@目黒
http://seamus-ohara.com/
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
内藤 希花(Fiddle)
中村 大史(Accordion, Bouzouki)
長尾晃司(Guitar)
ミュージック・チャージ・フリー

【レッスン】
ティン・ホイッスル及びアイリッシュ・フルートの個人レッスン、グループ・レッスンを随時受付中。
お気軽にお問い合わせ下さい。

【楽器の輸入】
大好評、ヴィンチェンツォ・ディ・マウロVincenzo Di Mauroの樹脂製フルートが飛ぶように売れています。
これまでの常識を覆し、下手な木製フルートよりも遥かに良くなるフルートです。
未だにブラインドテストで木製のフルートと比べて当てられた人がいない程です。
反応に関しては木製より速いかもしれません。
安い、早い、鳴らしやすい、割れもなく扱いやすい。
おまけに豊田の手元にサンプルがありますので、実際にお試し頂けます。
これまで諦めていた方、是非一度お試し下さい。

輸入代行の場合の参考価格
スチューデントモデル:¥54500
スタンダードモデル:¥67500
(いずれもキー無しの場合)
※ユーロと円の価格変動によって値段が変動します。
円高で安く買えるチャンスです。

マイケル・バークのティン・ホイッスルも好評受付中。

では皆様、寒い日が続きますがお体にお気を付けてお過ごし下さい。

グループレッスン、ホイッスル共同購入、新進気鋭フルートメーカー、『ゲゲゲの女房』ライヴ

帰国して数日経ちますが、まだまだ身体がガタガタで疲れが抜けず、先日鍼灸院にも行って生まれて初めて鍼とお灸をやりました。
しかしまだまだそう簡単には抜けませんね。
リハビリの日々です。

さて、そうは言いながら動き始めなければいけないことも出てきましたので、とりあえずお知らせです。

まず、一つ目。
ティン・ホイッスルのグループレッスン受講者を募集します。
今現在グループレッスン希望者がいらっしゃり、こちらでも公募をかけることになりました。
個人レッスンはちょっと高いけどグループレッスンならばという方や、一人でだと続けられるかわからないからグループでという方はこの機会に是非どうぞ。
レッスンのシステムについてはこちらをご覧下さい。
http://www.kozo-toyota.com/lesson.html

二つ目。
一つ目に関連してですが、マイケル・バーク Michael Burkeのティン・ホイッスルを共同購入します。日本国内の楽器屋さんで買うよりは大分安くなります。ご入用の方はご連絡下さい。
こちらも詳しくは
http://www.kozo-toyota.com/lesson.html
http://www.burkewhistles.com/

そして、3つ目。
日本のアイリッシュ・フルート奏者、あるいはむしろアイリッシュ・フルートを始めたいけど楽器を手に入れるのが大変で諦めている方々に朗報です。
実はゴールウェイで素晴らしいフルート職人と出会いまして、ヴィンチェンツォ・ディ・マウロというゴールウェイ在住のイタリア人なのですが、彼がデルリンという硬質プラスチック製の素晴らしいフルートをつくっています。
通常プラスチックはあまり鳴らない、どうしても木に敵わないというのが常識ですが、この人のつくるフルートはその常識を覆します。
実際、自分が使っている世界最高クラスのマイケル・グリンターの木製のフルートと遜色無い位なりますし、今までこのヴィンチェンツォのフルートと自分のグリンターのフルート二本で、あるいは木製のフルートもう一本を混ぜて三本でブラインドでテストをしてみたりしましたが、誰一人としてプラスチックのフルートを当てられなかったのです。
それ位良いフルートとなれば価格も待ち時間の長さも相応になりそうですが、価格は一番安いスチューデントモデルはキーなし、チューニングスライド無しのショートタイプで何と€300、
チューニングスライド付きのロングタイプで €400ととてもお手頃です。
円高の今ですと3万円強からかなり使えるフルートが手に入る訳です。
待ち時間は現時点では最短で一週間程度で一本できるということです。
勿論これはデルリン製の一番シンプルなモデルの話で、また、オーダーがたくさん入れば長くなっていくのでこれから人気が出て長くなる可能性はかなりあります。
今がチャンスかもしれません。
このフルートを実際に見た方々は一応に目を丸くして驚かれ、実際に既にオーダーをかけている人もいますし、値段の手頃さから本気で迷っている人も続出しております。
彼はキー付きのフルートもつくっており、珍しいことにブロックタイプとピンタイプ両方をつくっています。
デルリン製のと並行して木製のフルートもつくっていますし、D管だけでなくE flat管やB flat管等もつくっています。
日本からフルートを手に入れづらいもう一つの理由として試奏できないことが挙げられますが、これに関しては自分が一本サンプルとして€400のチューニングスライド付きのモデルを買って帰ってきたので、試奏したい方は豊田までお問い合わせ下さい。
彼のHPは勿論英語でも書かれ、彼とのオーダーのやり取りは基本英語のメールになります(イタリア語の方がお得意な方はこの限りではありません)が、もし英語でのやり取りがどうにも無理という方は豊田が20%の手数料を頂くことで代行致します。
他にも質問などありましたらいつでもお問い合わせ下さい。
http://vdmflutes.free.fr/index.html

最後に4つ目。
自分が日本から離れている間にいつの間にか大人気になっているNHKの朝の連続テレビドラマ小説『ゲゲゲの女房』の作曲家、窪田ミナさんのライヴに出演します。
ええ、つまりはもうおわかりとは思いますが、ゲゲゲの劇中音楽を生で演奏します。
非常にレアな機会ですのでお見逃し無く。

9月27日(月)南青山MANDALA
<mina kubota first live>
窪田ミナ(Pf)
 杉野 裕(Vn) 前田 善彦(Vc) 大石 真理恵(Per)
 豊田 耕三(Tin Whistle, Low Whistle, Irish Flute) 中村 大史(G, Acc, Mandolin) 他
 開場 18:30 開演 19:30 (7/27(火)より前売開始 店頭・e+)
全席自由:4,200
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002044590P0050001P006001P0030001

6月のライヴのお知らせ

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
いよいよアイルランド行きが近づいて参りました。
6/22~9/6、約2ヶ月半となります。
主にフェスティバルやセッションをはしごして回る武者修行の旅で、メインは8月半ばにあるアイルランド最大の音楽祭、フラー・キョールのコンペティションに参加して複数の部門でタイトルを狙ってきます。
この間日本に不在のためご迷惑をおかけする可能性もありますが、何卒ご了承下さい。

さて、その分6月中渡愛前にライヴがいくつも予定されていますのでご案内致します。

【Trio ライヴ】
この夏にアイルランド最大の音楽祭、フラー・キョールのコンペティションに出場する予定の3人によるライヴです。
トラディッショナル・ミュージックそのものの魅力を最大限に引き出すというコンセプトのライヴです。
特に共演の二人はその年齢からは信じがたいほどの卓越したテクニックを誇ります。
ダンスも可能な大きなパブですので、ダンサーさんが集まればタイタニックのような1シーンが見られるかもしれません。
これを最後に豊田が渡愛し、8月以降は高橋創が2年間のアイルランドに留学するため、少なくとも新宿のパブでこの組み合わせが再び見られるのは2年後ということになります。
お見逃し無く。

6/3(木)
新宿ダブリナーズ
19:00~22:00
ミュージックチャージフリー(飲食代のみ)
豊田 耕三(アイリッシュ・フルート、ティン・ホイッスル、マンドラ)
高橋 創(ギター&バンジョー)
内藤 希花(フィドル)
http://www.dubliners.jp/shinjuku/index.html

ダンサーさん歓迎!

【Duo Live @ Cafe giee】

同じく高橋創とのデュオ。静かでスケールの大きなアイリッシュをお届けします。
対バンもアイリッシュとのこと。

6/12(土)
19:00Open 19:30Start

Cafe giee@国分寺
http://giee.jp/

「アイリッシュ・ナイト」(仮タイトル)

Duo
豊田 耕三(アイリッシュ・フルート、ティン・ホイッスル)
高橋 創(ギター&バンジョー)

対バン:奈緒美&Mawari http://naomi-and-mawari.blog.so-net.ne.jp/

1500(オーダー別)

【Trio ライヴ】
知り合いが最近開いた雰囲気の良いカフェでのライヴ。
同じくトリオですが、生音が響きのいいカフェに響き渡ります。
13席限定ですので、速攻でご予約を。

6/13(日)15:00~
Live at Birdland Cafe
川崎市高津区溝口 3-24-35 (地図)
15時開演(14時開場)
豊田 耕三(アイリッシュ・フルート) 高橋 創(ギター&バンジョー) 内藤 希花(フィドル)
チャージ: ¥2,000- with 1ドリンク 13席限定!
※要予約 予約&お問い合わせ:reserve@matt-f.com

【O’Jizo】Irish Pub Sullivan’s Live

O’Jizoの名の名付け親であり、アイリッシュ・パブ・ケニーズ@調布のライヴに毎月欠かさずいらして下さっていたお客様が、何年も前から「いつか吉祥寺にパブをつくる」と豪語しておられ、周りはあまり本気にしていなかったのですが、何と本当に実現させてしまいました。
そのパブでのライヴです。

6月 14日 (月)
20:00 ~
ullivan’s Irish Pub@吉祥寺 (地図)
豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
内藤 希花(Fiddle)
長尾 晃司(Guitar)
中村 大史(Accordion, Bouzouki)
ミュージックチャージフリー

【O’Jizo ビストロ・バー・ユーラシアン ライヴ】

音の響きが抜群によいお洒落なビストロ・バーです。
賑やかなダンスチューンは勿論、O’Jizo特有の壮大なスローチューンを聴くならばここ。

6/18(金)
20:00~

豊田 耕三(Irish Flute & Whistles)
内藤 希花(Fiddle)
長尾 晃司(Guitar)
中村 大史(Accordion, Bouzouki)
ミュージックチャージ ¥2000
ご予約は
ozoktoyota@gmail.com
まで。

【豊田 耕三 ティン・ホイッスル&アイリッシュ・フルート クラス 門下生発表会(第一回)】

渡愛を前に一区切りということで、初の門下生発表会を行います。
初めてまだ3ヶ月位の方から3年位の方まで、今回は総勢十数名。
まだまだ豊田が未熟なために至らぬところが多々あるとは思いますが、かしこまった感じよりは交流会の延長的な砕けた雰囲気になればと思っています。
今回、伴奏をO’Jizoのメンバーに依頼したため、そのままゲスト演奏としてO’Jizoのミニライヴが続きます。
さらにそのままオープンセッションに突入。
ダンサーさんがいればダンスも伴奏します。
前半の発表会は勿論どなたでもご覧頂けますが、食事がパーティプラン的な形で出ます。
一般のお客様もお食事代¥1000のみ頂きます。
その後16時以降はお店も通常営業に入り、入場はフリー。
ライヴは投げ銭制になります。
ミュージシャンの方もダンサーの方もお誘い合わせの上、遊びにいらして下さい。

Irish Pub Tap Borrow??
http://www.tapborrow.jp/

6/19(土)
14:00~門下生発表会&交流会
16:00~O’Jizo ミニライヴ
17:30~オープンセッション(&ダンス)
19:00~終了

14:00~16:00 チャージ¥1000(食事代を含む。 ※パーティメニュー。料理は1Fのハンバーグ屋と同じ経営者で美味しいことで有名なパブフード)
16:00~19:00 投げ銭制

【VOICE SPACE 2nd Album 『声のまぼろし』】発売中。
http://voicespace.blog58.fc2.com/
http://www8.ocn.ne.jp/~rag/
VOICE SPACE 2nd Album 声のまぼろし
2 月 28日発売 ¥2000
手売りも致します。ご連絡下さい。

【NHK連続テレビドラマ小説『ゲゲゲの女房』】
絶賛放映中!
劇中に豊田の笛の音がしばしば流れます。
NHKの朝の連ドラとしては珍しくサウンドトラックCDが出ることになりました。
6/16に発売です。
劇中音楽全約80曲の内、39曲を収録。
豊田の笛が入った曲はそのうち5~6曲入る模様。

れこーでぃんぐ、れっすん、げげげ、きちじょうじ

昨日は朝マジマロさんというシンガーソングライターのレコーディングに参加してきました。

松山千春とさだまさしと小田和正を足して3で割ったような、味のあるきれいな高い声の持ち主。

収録後も頭を歌が回るいい曲が何曲もありました。

その後カルチャースクールのレッスンへ。

この日は3ヶ月のタームの最終回でゲストを呼ぶ日。

今回のゲストはピアノ、ホイッスル&フルートの野口明生君。

彼のピアノはとてもいい。

もっとピアノとサシで色々やってみたいですね。

夜は新しく始まるグループレッスン。

全員が28歳、その日初対面の人もいた不思議なグループ。

でも、皆さん素直で筋が良く、面白くなりそうです。

日付変わって本日はNHKの朝の連ドラ「ゲゲゲの女房」スタート。

寝ぼけ眼で見てましたが多分今日は自分の笛は出てません。

いきなり幼少時代にさかのぼったので茂さんも当分出ないでしょうし、

しばらくは聞けないかもしれません。

それにしても、作曲の窪田ミナさんは本当に作風の幅が広いようです。

自分が吹いた曲だけでもかなりバラエティに富んでいたのに、

今日の劇中でもまぁ出てくる出てくる色んなジャンルという感じです。

おまけに早速妖怪も登場してドラマとしてもかなり面白そうですね。

さて、今夜は吉祥寺。

噂の中村の超美しいアコーディオン初お披露目です。

ぜひどうぞ。

3/29(月)

「キの音イキの根vol.2」
http://horiuchikan.com/kinoneikinone.html

@吉祥寺 MANDA-LA2
http://www.mandala.gr.jp/man2.html

open 18:30 / start 19:00

adv. ¥2000+drink / door ¥2500+drink

【出演】
堀内幹(ひとり民族バンドサウンド)
http://horiuchikan.com/

OCCURPOO(ピアノボーカル&ドラムduo)
http://web.me.com/junokumura/OCCURPOO/OCCURPOO.html

ヨシダダイキチ(シタール)
http://www.myspace.com/yoshidadaikiti

O’Jizo(出演は1番めです)

堀内幹さん主催のライブイベントに出演します。是非!
前売りは直接メッセージくだされば対応させていただきます。

カルチャースクール北千住クラス

今日は野菜スープ。

にんじん、かぼちゃ、ごぼう、たまねぎ、ながねぎ、あおねぎ、キャベツ、セロリ、ニラ、ショウガ

入れすぎですね。

数日間は楽しめそうです。

というお話ではなくて、、、

カルチャースクールの北千住校が4月から新しくティン・ホイッスルのクラスを開講する予定で、現在受講者募集中です。

また、レッスンの内容についてQ&Aをつくってみました。

こちらをご覧下さい。

少しでもご興味がおありの方はお気軽にご連絡下さい。

4月からのクラスはちょっと急いだ方がいいかもしれません。